ノベルティストアブログ>2010年10月

ブログ

キューブ型をつくってみませんか!

  • 2010/10/20
  • 使用方法

現在あがっている商品ページなどを再チェックしながら使い道を考えるのですが、
本日はオリジナルボックスティッシュキューブ型について、ちょっとPRしてみます。

オリジナルボックスティッシュは存在感抜群の定番ノベルティです。
事務所にもいくつかサンプル品がありますが、発色もよく、
おもしろいデザインからスタイリッシュなデザインまでなかなか素敵な商品に仕上がります。

ロット数が大きいため、まとめて作るお客様向けの商品になってしまうのですが、
一番の難点は置き場所でしょう。軽いのですが容積は大きいです。

そこでキューブ型の登場です。
一般的な大きさに比べて幅が半分くらいのサイズですので、当然置き場所も半分で済みます。

また使う側にとって、ティッシュ本紙の大きさよりも枚数が重要だという調査結果があります。
普段2枚とって使う人は、
サイズの小さなティッシュだからといって4枚とることはないんです。
そのため、半分の大きさのティッシュはゴミの減少化につながります。

さらにオリジナルボックスティッシュの重要な役目は箱のデザインに施された広告効果です。

私の家でもそうですが、
多くのご家庭ではティッシュケースカバーを用意されてるのではないでしょうか。
定番サイズやスリムタイプを使うと、もしかしてカバーに入れられて、
使うだけの商品になってしまう...なんてことも考えられます。

しかし、キューブ型は幸か不幸か定番サイズでないため、カバーがありません。
ということはデザイン面が隠れることなく使われます。
なかなか販促効果の長い商品といえるのではないでしょうか。

車の中などにもちょうどいいお手軽なサイズで
かわいい!と女子スタッフに人気(笑)
定番販促品のボックスティッシュに
ちょっとした戦略を込めてキューブ型を選択してみませんか?

オリジナルボックスティッシュキューブ型はこちら!

名入れボールペンの使い方

  • 2010/10/04
  • 使用方法
ブログの更新は約1か月ぶりですね!すみません。
季節は秋に突入し、私は風邪だか花粉症だかにかかって鼻がぐしゅぐしゅしております。

本日は最近お問い合わせが非常に増えてきております、名入れボールペンについてです。

私も学生時代はよく、運動会や記念行事に学校名をいれた鉛筆やボールペンをもらった記憶があります。
家で生き残っているボールペンも、わざわざ購入したものではなくて販促用の企業名などのロゴがついたボールペンが不思議と多いんです。
引き出しにひとつは入っていて、今でもちょっとしたメモに役だってくれています。
あんまり大事にしていない割には使い勝手がいいんですよね。インクもめったなことではなくならないし...

電話に出たり、価格訂正作業などしたりと一日中パソコンの前に座っている私ですが、
やっぱり手元にはメモ帳とボールペンが欠かせません。
メモ帳、ボールペン、赤マジック、ホッチキスは常駐です。
テキストソフトもあるんですが、書き留めた気がしないんです。
大事な作業メモも手書きだし...やっぱり登場回数が多いです。

ホテルで学生時代バイトをしていたときには、よく学会やフォーラムなんかで資料と一緒に配られていました。医療系・薬学系は特に分厚い資料が多いようですが
「資料+ボールペン+エコバッグ」という組み合わせは、参加した方々には非常に好評でした。
就活のときにセミナーや会社説明会なんかでも名入れボールペンをいただいたことがあります。

配布物としては小さなもので、受け取ってもらえやすいですし
多めに作っておいてもイベントで配ったりプレゼントしたりと何かと利用できる機会があるのではないでしょうか。

ところで一番人気はやはり多色インクを使うタイプなんですが、
少し前にこんな実用書が話題になってました。

「三色ボールペン情報活用術」  著/斎藤 孝
「三色ボールペンで読む日本語」  著/斎藤 孝

受験生や大学生のときに読んでおけば...とレビューを見ながら思いました。
現代国語の試験とか大学のレポートなんかに効果がありそうなボールペン活用書ですね。

個人的には鉛筆などで線をひかれた古本などに遭遇すると、
持ち主のロマンを感じてドキドキしますが(文化系な香りがしますよね)
皆様くれぐれも図書館の本には線はひかないでくださいね!

勉強にも日常生活にも欠かせないボールペンを一色名入れいたします!商品一覧はこちら!

ノベルティストアの全国百貨店共通商品券プレゼントキャンペーン

運営責任者より

責任者:山本責任者の山本です。広告代理店の経験を活かした柔軟な対応を心掛けております。販促品・ノベルティの事はご相談ください!