アナログ時代 4

アナログ時代 4

こんにちは。
ノベルティストアの道上です。

アナログ時代の制作会社は、これまで書いてきたように
ひとつひとつの作業に時間と労力がものすごく必要で、とても過酷な職場です。

徹夜も日常的に行われていたので、版下作業をしているメンバーは
仮眠の取り方も独特なモノになります。

その1:椅子を4つ並べて寝る。
キャスター付の椅子ですが、なぜか絶妙なバランスで寝てしまえるのです。

その2:デスクの上に寝る。
床に寝たくない人がこの場所を好みます。
私もこのタイプでしたが、ある朝目覚めると2つに折れ曲がった
撮影商品のポジフィルムが背中の下から出てきました。

その3:寝袋常備で、床に寝る。
ベテランの版下マンが実践していました。

このような環境で2年間ほど過ごしましたが、
まもなくアナログ時代は終結を迎え
デジタル時代の幕開けがやってくるのでした。

次回からそのお話をしていきますので、引き続きよろしくお願い致します。

 

カテゴリ

アーカイブ

検索

トップへ戻る