データ制作のトラブル解決法

データ制作のトラブル解決法

印刷とデータのお話

こんにちわ。
制作チームデザイナーのロバートです。

今回はよくあるトラブルの解決方法をご紹介します。

トラブル4
印刷入稿できないPdfで入稿している。

ご入稿はイラストレーター(aiデータ・CS6まで)から出力した
アウトラインPDFになっていますか?

PDFは一度、文字化けしない状態で保存していれば、フォントがなくても
PDF形式で開く場合は文字化けしない状態で開きますが、
あくまでPDF形式内の事なので、
アプリケーションが替われば、不具合が生じますのでご注意を。

トラブル5
CMYK以外にどこかに特色が混ざっていた。

フリー素材はCMYKに変換してから使用していますか?

ネット上のフリー素材は、Illustratorで作成されていますが、
必ずしも印刷を目的として作られているとは限りません。
例えばグラデーションや透明効果に特色や自作のスウォッチが使用されている等。
そのためアピアランスを分割後、CYMKに変換する必要があります。

トラブル6
アウトライン化しているのにフォントが存在し、どこにあるのか分からない。

[選択] → [オブジェクト]の余計なポイントを選択し削除すれば解決です。

デザイン作成の途中経過で、無意識に文字ツールでクリックしてしまい
フォントのアンカーポイントが存在している可能性があります。
余計なアンカーポイント(パス)を残さないよう注意しましょう。

アーカイブ

検索

トップへ戻る