データ制作のトラブル解決法

データ制作のトラブル解決法

こんにちわ。
制作チームデザイナーのロバートです。

今回はよくあるトラブルの解決方法をご紹介します。

トラブル1
画面上では文字として見えるのに印刷すると消えている。

オーパープリントにチェックが入っていませんか?
[ウインドウ] → [属性] で確認。
□ 塗りにオーバープリント □ 線にオーバープリント
もしチェックが入っていたら外してください。
これで解決です。

トラブル2
黒色指定なのに印刷すると濁った濃い色になっていた。

ドキュメント設定はCYMKになっていますか?
[ファイル] → [ドキュメントのカラーモード]で確認。
RGBのドキュメント設定で作ったK100%の色を
CYMKのドキュメント設定に変換するとCYMK各色に分配されます。

見た目は黒ですが[C 78.52 %Y 82.42% M 81.25% K 66.41%]になるので
印刷すると濁った濃い色になります。

トラブル3
線を引いたはずなのに消えているor線が細過ぎて印刷が飛んでいる。

線幅は0.2以上ポイントですか?
[ウインドウ] → [線]で線幅確認。
印刷された紙に線として認識できるのは0.15ポイントがギリギリですが
紙質や湿度等の諸条件による刷り具合で印刷できない場合があります。
念のため線幅は最低0.2ポイント以上にしましょう。

カテゴリ

アーカイブ

検索

トップへ戻る