初めてノベルティグッズ制作を相談する際のポイントとは?

初めてノベルティグッズ制作を相談する際のポイントとは?

男性

「予算」「単価」「数量」「納期」を知りたい!

みなさん、こんにちは。御社の販促戦略は上手くいっているでしょうか?ノベルティストアです。

さて、本日のテーマは「初めてノベルティグッズ制作を相談する際のポイントとは?」というものです。企業の広報担当者様や代理店様であれば手慣れたものでしょが、初めてノベルティグッズ制作を外部にご相談する担当者様にとっては、私達のようなノベルティ業者に何をどう伝えればよいか意外とわかりづらいもの。特にまだ何を作ろうか決まっていない場合には、なおさらですね。

そこで、ここでは、そんな担当者様に向けて、初めてノベルティグッズ制作を相談する際のポイントをまとめます。

最重要な情報は「予算」「単価」「数量」!

というわけで、さっそく弊社の若手のホープI君に質問を投げてみました。

—–I君!I君!I君はノベルティ制作でお客様からご相談を受けることが多いじゃないですか。その際に担当者様が私達に情報を伝える際に重要なポイントってあるんですかね?

I君:喜んでお答えしますよハハハ。えーと、やっぱり、まず「予算」「単価」「数量」がわからないと、せっかくご相談をいただいても何もできませんね。何もできないというのは言い過ぎですけど、最重要な情報である点には変わりないですね……ハハハ

—–なるほど。「予算」とは、“全体の総予算”「単価」とは“ノベルティ1つあたりの価格”「数量」とは“ノベルティを全部でいくつ作るか”という点ですね。

I君:えぇ、ご相談を受ける際に、全体像がまだ決まっていないお客様も多いのですが、最低限これらの内容が決まっていないと、こちらとしても商品をご提案しにくいですね。もちろん、これらの内容が決まっていない場合、まずは、それらをひとつずつヒヤリングしていくことになるんですが、お客様にとっても二度手間になってしまうことが多いですね。……ハハハ

—–確かに、ノベルティグッズにいくらの「予算」をかけるのか、どのくらいの「数量」配るのか、そして、その結果としての1つあたりの「単価」がわからないと、ご提案しにいですね。

I君:「予算」は税込みがマストですよ!……ハハハ

「納期」も重要な情報!

—–I君、他にノベルティ制作を相談する際に重要なポイントってありますか?

I君:ズバリ「納期」です(ドヤ顔)。「納期」が短いとご要望に応えにくかったり、短納期ということで費用がかさむケースもあります。名入れや印刷にはある程度の日数が必要なので、余裕を持ってご相談・ご注文いただけるとありがたいです。初めてノベルティグッズを制作されるお客様とは、比較的「納期」面のすり合わせでのやりとりも多くなりがちなので、「納期」についてはあらかじめ決めておいてほしいですね。……ハハハ

—–「納期」。すなわち“お客様の手元に届くまでの期間”のことですね。商品によっては納期が長めのものもありますもんね。

「誰に」「どこで」「何の目的で」配るかを整理

—–ここまでで、「予算」「単価」「数量」「納期」が大切だということはわかりました。その他に、相談する際のポイントと言うかコツってありますか?

I君:コツといえるかどうかわかりませんが、「誰に」「どこで」「何の目的で」を事前にまとめておいてもらえると大変助かります。何をつくろうか、まだ悩んでいるご相談レベルの段階であれば、これらの情報は必ずヒヤリングすることになりますからね。……ハハハ

—–「誰に」というのは“ノベルティを配布予定のターゲット”ですね。男性か女性か、若者か年配の方かによってご提案する商品も違ってきますものね。「どこで」というのは“ノベルティをどこで配るのか”。それから「何の目的で」は、そのまま“ノベルティ配布の目的”。これらによってご提案可能な商品は変わってくるんですよね。

I君:その通りです!……ハハハ

—–ところで、ざっくりした相談はダメってことですか?

I君:いえいえ、ダメってことはないですよ!僕らも営業のプロですから、ご相談がざっくりしていても全く構わないんです。ただ、あまりにもざっくりしすぎている、ふわっとしすぎているご相談だと、やっぱり、お客様にひとつずつヒヤリングしていかなければなりません。それはそれで結果的にお客様の大切なお時間をとってしまうことになるので、もったいないなと。もし可能であれば、ここまで挙げた情報をお客様の方で整理しておいていただくとありがたい、ということです。……ハハハ

—–そうなんですね。ありがとう!I君!

I君:You are welcome ですよ!……ハハハ

まとめ

というわけで、初めてノベルティグッズ制作を相談する際のポイントをまとめます。

① 重要なのは「予算」・「単価」・「数量」
② 「納期」も大切な情報
③ 「誰に」「どこで」「何の目的で」配るかも整理しておく

これらをまとめておいてもらえると、担当者様へのご提案の幅も広がる……ということだそうです。

ノベルティの現場からは以上です!

ノベルティストアは全国の企業(ベンチャーから大企業まで)のご担当者様、代理店様と多くのお取り引き実績があります。特に大ロット・大口案件には圧倒的な強みを持ちますので、販促・ノベルティグッズでお悩みの担当者様は、ぜひ一度ご相談ください!

アーカイブ

検索

トップへ戻る