「オフセット印刷」に「オンデマンド印刷」…印刷方式の種類と特徴とは?

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 「オフセット印刷」に「オンデマンド印刷」…印刷方式の種類と特徴とは?

「オフセット印刷」に「オンデマンド印刷」…印刷方式の種類と特徴とは?

印刷用機械

印刷方法の種類と違い

みなさん、こんにちは。御社の販促戦略は上手くいっているでしょうか?ノベルティストアです。

本日はノベルティグッズ作成にも縁深い「印刷方法」について、お話したいと思います。

印刷にはさまざまな方式があります。一般人にとっては、これらを知らなくても全く問題のないことですが、ノベルティ制作の担当者としては、最低限の印刷方法ぐらいは知っておきたいもの

というわけで、今回もノベルティのことなら何でも知っている”ノベルティストアの父”Mさんに印刷方法の種類と特徴について説明をお願いしたいと思います。

それではMさん、よろしくお願いします!

オフセット印刷とは?

わかりました。では、まずは「オフセット印刷」から説明しますね。

オフセット印刷とは、版に付けられたインクを1度転写した後紙などに印刷する方法です。中間転写体に転写することをoff(オフ)被印刷体に印刷することをset(セット)と言うので、オフセット印刷と呼ばれています。

高解像度の原版を作って印刷するため、何枚刷ってもシャープに仕上がり、大量印刷に向いています。

新聞の折込広告や街頭で配布しているチラシなど100枚以上の紙に印刷する場合にはオフセット印刷が主流です。オフセット印刷は、カラーの他、金色や蛍光色などの特殊なインクにも対応しているので、幅広い表現が可能になります。

ただしデメリットとして、版を作るのにコストがかかってしまうので、小部数の印刷の場合は、版を必要としない「オンデマンド印刷」がおすすめです。

オンデマンド印刷とは?

続いては「オンデマンド印刷」について。

オンデマンド印刷とは、パソコンから直接プリンタにデータを送って印刷する方式です。トナーを熱で溶かし用紙に定着させています。プリンタはCMYKのインクでフルカラーを表現するため特色の印刷はできません

オフセット印刷との大きな違いは、版を必要としないことです。そのため低コストかつスピーディーな対応が可能です。

例えば、はがきの宛名やチケットの通し番号など内容が異なる印刷物や小部数の印刷に適しています。

パッド印刷とは?

「パッド印刷」に関してもご説明しましょう。

パッド印刷とは、シリコンゴムのパッドにインクをのせ、印刷したい商材に対して直接スタンプのように押し付けて印刷する方法です。

弾力のあるパッドを使用するパッド印刷は、平面のみならず凹凸面にも印刷することができるのが特徴です。印刷の面積が狭いため、印刷コストを比較的安く抑えられます

ちなみにパソコンのキーボードや電卓に描かれている数字やアルファベッドはパッド印刷です。

グラビア印刷とは?

「グラビア印刷」は、凹版を使って印刷しています。凹部の深さでインク量を調整し階調を表現するので、微細な濃淡の表現でき、カラフルな色彩に仕上がります

ペットボトルのラベルがグラビア印刷です。他には食品包装用フィルムやビニール、家具・家電製品の木目印刷などによく用いられています。

シルク印刷とは?

そして「シルク印刷」です。

シルク印刷は、1色ずつ版を作製してインクを生地にプリントしていく方法です。紙や布だけでなく、その他多くの物に印刷できる特徴を持っています。

版材に絹(シルク)の布を使っているためシルク印刷と呼ばれていますが、現在では、インクの通りが良い化学繊維の糸で織られた布を使うことが多くなりました。Tシャツやトレーナーのプリントや布製のトートバッグやなどに用いられています。

以上、代表的な印刷方法をざっとご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。印刷する目的や対象によって、最適な印刷方式を選ぶことで、コストダウンを可能にしたり、満足できる仕上がりにすることができるようになります。

いずれにせよ、印刷する目的や対象にあった最適な印刷方式を見つけることを心掛けましょう。

—–Mさん、どうもありがとうございました!

ノベルティストアは全国の企業(ベンチャーから大企業まで)のご担当者様、代理店様と多くのお取り引き実績があります。特に大ロット・大口案件には圧倒的な強みを持ちますので、販促・ノベルティグッズでお悩みの担当者様は、ぜひ一度ご相談ください!

アーカイブ

検索

トップへ戻る