‌ボ‌ト‌ル‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「テ‌ン‌ト‌ク‌ロ‌ス‌2WAY‌ボ‌ト‌ル‌ホ‌ル‌ダー」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌ボ‌ト‌ル‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「テ‌ン‌ト‌ク‌ロ‌ス‌2WAY‌ボ‌ト‌ル‌ホ‌ル‌ダー」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

テントクロス2WAYボトルホルダーアイキャッチ画像

テントクロス2WAYボトルホルダー

ご紹介する商品はこちら

テントクロス2WAYボトルホルダー

単価 284.9 円(税込)

毎日コンビニやスーパーで買う人も多い、ペットボトル飲料。
購入したペットボトルの水滴でバッグが濡れたり、デスクの上がビショビショになったりと、困った経験はありませんか。

そんなペットボトルの水滴に困った方に、オススメしたいアイテムがあります。
今回ご紹介する「テントクロス2WAYボトルホルダー」は、撥水加工が施されたドリンクホルダーです。
保冷・保温効果もあり2WAYで使用できる優れもの!
ペットボトル以外にも、テイクアウトしたドリンクカップのホルダーとしてもお使いいただける便利なアイテムです。

ちょっと気の利いたノベルティをお探しなら「テントクロス2WAYボトルホルダー」はかなりオススメですよ。

当ページは、私が使った感想を交えながら「テントクロス2WAYボトルホルダー」についてレビューします。
興味ある方は、ぜひチェックしてみてください。

目次

テントクロス2WAYボトルホルダーってどんなボトルホルダー?

「テントクロス2WAYボトルホルダー」は、水に強いテント素材で作られたドリンクホルダーです。
保冷・保温効果のあるアイテムは様々なシーンで活躍してくれます。
毎日の通勤・通学はもちろん、近頃ではリモートワークする方にも便利なアイテムだと思いますよ。
誰がもらっても使えて、喜んでもらえるノベルティになること間違いなしです!

それでは、「テントクロス2WAYボトルホルダー」について詳しくみていきましょう。
商品概要は以下の通りです。

テントクロス2WAYボトルホルダーの商品概要
単価(税込) 284.9円
デザイン ボトルホルダー
素材 ポリエステル他
特長・機能 保冷保温効果あり、撥水加工あり
使い方 ・テイクアウトのドリンクホルダーとして
・ボトルホルダーとして
・通学、通勤に
・レジャーや運動の水分補給に
おすすめ
業種・配布シーン
・店舗のオープン記念品に
・ポイント交換やくじの景品に
・雑誌のオリジナル付録に
・イベントやセミナーの参加記念品に

私自身、このタイプのドリンクホルダーを使ったことがなかったので、今回初めて使ってみましたが想像以上に使えるアイテムでした。

普段は水筒やサーモマグを持ち歩いているのですが、時々忘れてしまうことがあります。
そんな時はコンビニや自動販売機でペットボトル飲料を買うのですが、冷たいドリンクを買うと必ずと言っていいほど、ボトルに付く水滴に悩まされていました。
デスク上では水滴が広がり、カバンの中では接触した物が濡れてしまう。
いつもタオルを巻くなどの応急処置をしていました。

しかし「テントクロス2WAYボトルホルダー」の登場でそれらの悩みが一気に解決したのです!
皆さんにもその活躍ぶりをお伝えしたいと思います。

テントクロス2WAYボトルホルダーのデザインについて

テントクロス2WAYボトルホルダーのデザインについて

見た目はシンプルで誰にでも使いやすい万能なルックスです。
ドリンクの出し入れ時は、切り込みのある間口のスナップボタンを開け閉めします。

カラーバリエーションは、ブラック・グリーン・ネイビー・オリーブの4色展開。
名入れ印刷できるアイテムなので、オシャレなロゴマークやショップ名、イラストなどを印刷すれば、もっと素敵なオリジナルノベルティが作成できます。

どんなシーンにも、すんなり溶け込んでくれる「テントクロス2WAYボトルホルダー」は仕事でも遊びでも活躍すること間違いなしです。

テントクロス2WAYボトルホルダーの特長・機能について

「テントクロス2WAYボトルホルダー」の特長や機能について詳しくご紹介していきましょう。
幅広いユーザーに向けてのノベルティをお探しの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

容量・重量はどれくらい?

「テントクロス2WAYボトルホルダー」の大きさ

「テントクロス2WAYボトルホルダー」の大きさは、直径約8cm×高さ約18cm。
ドリンクを入れていない状態の本体の重量は、約15gと1円玉15枚とほぼ同じ重さでお子さんでも軽々持てます。
上まで伸ばして使う時は、500mlのペットボトルにピッタリの大きさで、テイクアウトドリンクの容器を入れる時は折り返して調整しながらお使いください。

保冷・保温効果はある?

「テントクロス2WAYボトルホルダー」は、保冷・保温効果あり。
冷たさや温かさをキープできます。

せっかくドリンクを買っても、そのままだとすぐに常温になりますが、「テントクロス2WAYボトルホルダー」に入れることでICE・HOTの状態を長く楽しんでもらえます。

飲み物はこぼれない?

冷たいドリンクを飲む時に「テントクロス2WAYボトルホルダー」を使うことで悩みが解決

先程もお伝えしましたが、ボトルの水滴に悩まされていた私は、冷たいドリンクを飲む時に「テントクロス2WAYボトルホルダー」を使うことで悩みが解決!
かなりストレスフリーになりました。

「テントクロス2WAYボトルホルダー」はドリンクの温度を保ちながら、デスク上ではコースターの役割を、バッグの中では他の荷物が濡れるのを防ぐ役割をしてくれます。

さらに、表面の撥水加工で、雨や汚れも防げますよ!
個人的には、これらの点がオススメポイントです。

持ちやすさ・飲みやすさはどう?

お子さんなら小学生からお使いいただいて問題ない

本体の重さが約15gなので500mlのペットボトルを入れても、ペットボトル単体と重さはほぼ変わらない印象です。
お子さんなら小学生からお使いいただいて問題ないと思います。
握力が低下してきたシニア世代にも重宝すると思います。

丈夫?割れる心配はない?

この「テントクロス2WAYボトルホルダー」の主な素材は、ポリエステル 他。
誤って落としても破損する心配はありません。

鋭利な物で引っ掻いたり、尖ったものを入れたりすると破れや穴が空く原因になります。
うっかり何かにひっかけてしまった!ということのないように注意してくださいね。

テントクロス2WAYボトルホルダーの使い方について

ここからは、「テントクロス2WAYボトルホルダー」の使い方についてお伝えします。
あわせてお手入れ方法や注意事項もチェックしてください。

どんな使い方がおすすめ?

リモートワークの方にも便利なアイテム

コンパクトで軽量な「テントクロス2WAYボトルホルダー」は、毎日の通勤・通学時や屋外での使用、リモートワークの方にも便利なアイテムだと思います。
「テントクロス2WAYボトルホルダー」は学校やオフィス以外にも、自宅のベランダや田舎のコ・ワーキングスペースなどで仕事をする時に活躍しますよ。

私は外気に触れながらベランダで事務仕事をする時によく使いました。
冷たい飲み物は長持ちして、テーブルも水滴で濡れません。

アウトドアやレジャーシーンでも家族の皆さんとお使いいただけますね。

入れていい飲み物とNGの飲み物は?

お手入れの方法や注意点

保冷・保温機能付きの「テントクロス2WAYボトルホルダー」に入るサイズのドリンクは、500mlのペットボトルとテイクアウト用のドリンクカップです。

このサイズよりも直径が大きい容器は、入らないため使えません。
500mlであっても形状によっては、入らないことも稀にありますのでご注意ください。

お手入れの方法や注意点

「テントクロス2WAYボトルホルダー」の使用上の注意はこちらです。
・表面は撥水加工ですが、防水ではありません。
・冷たいものを入れた際に温度差で本体が濡れる事があります。
・摩擦などで色落ち色移りすることがあります。
・500mlでも形状によっては収納できない場合もあります。
・火気の近くや高温の場所で使用しないでください。

お手入れ方法について。
・シンナー、ベンジン、漂白剤の使用はしないでください。
・洗濯機、アイロンは使用しないでください。

あまり汚れる事はありませんが、使った後は内側についた水気が乾くように、陰干ししながら繰り返し使いました。

「テントクロス2WAYボトルホルダー」の使用上の注意はこちら

テントクロス2WAYボトルホルダーのおすすめ業種と配布シーンは?

「テントクロス2WAYボトルホルダー」は、性別問わずあらゆる世代の方にお使いいただけるアイテムです。

スーパーの購入記念品やホームセンターの来場記念品としていかがでしょうか。

アウトドアメーカーやインテリアショップ、オシャレなグロッサリーショップなら、新店舗のオープン記念や、ポイント交換の景品にもオススメです。

「テントクロス2WAYボトルホルダー」は、名入れ印刷ができます。
会社のロゴやショップ名、イラストなどを入れてオリジナルノベルティにしませんか。

雑誌のオリジナル付録やイベント・セミナー参加者へプレゼントなど幅広くご活用いただけます。

実用的なノベルティをお探しの方は、「テントクロス2WAYボトルホルダー」をぜひご検討ください。

「テントクロス2WAYボトルホルダー」をぜひご検討ください

テントクロス2WAYボトルホルダー

ご紹介した商品はこちら

テントクロス2WAYボトルホルダー

単価 284.9 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る