肩から掛けられるエコバッグ比較 ノベルティにおすすめなのはどれ?

肩から掛けられるエコバッグ比較 ノベルティにおすすめなのはどれ?

肩から掛けられるエコバッグの比較

サッと肩から掛けられるエコバッグ。
両手が自由になるうえ、着用したままでも中身が取り出しやすく、年代・性別を問わず人気のアイテムです。

「肩から掛けられる」といっても、定番のショルダーバッグや、トレンドアイテムのサコッシュなど種類がたくさんあります。
使用するシーンやスタイルに合わせて、最適なものを選ぶのがポイントです。

とはいえ、ノベルティグッズでもいろんなタイプが登場しているので、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

そこで、ノベルティストア一押しの「肩から掛けられるエコバッグ」3アイテムを比較してみました!
ノベルティとしてエコバッグを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

肩から掛けられるエコバッグを比較!

今回は、トートバッグタイプから1つ、サコッシュタイプから2つ、肩から掛けられるエコバッグをピックアップしました。

キャンバスラインショルダートート

ご紹介する商品はこちら

キャンバスラインショルダートート

単価 601.7 円(税込)

2WAYサコッシュ

ご紹介する商品はこちら

2WAYサコッシュ

単価 265.1 円(税込)

不織布B5サコッシュ

ご紹介する商品はこちら

不織布B5サコッシュ

単価 63.8 円(税込)

それぞれの詳しいスペックはこちらです。

キャンバスラインショルダートート 2WAYサコッシュ 不織布B5サコッシュ
キャンバスラインショルダートート概要画像 2WAYサコッシュ概要画像 不織布B5サコッシュ概要画像
単価(税込) 601.7円 265.1円 63.8円
デザイン カジュアル スポーティ ミニマル
素材 コットン ポリエステル 不織布
特長・機能 自立式、ポケット付き 2WAY、ファスナー付き カラバリ、コスパ
使い方 ショルダーバッグ、ハンドバッグ ショルダーバッグ、ポーチ ショルダーバッグ

比較は3つのポイントについて行いました。

①デザイン
②生地(素材)
③機能

実際に試して使った結果、ノベルティにピッタリの肩から掛けられるエコバッグは果たしてどのアイテムでしょうか?

デザインについて比較

まずは、3商品のデザインについて比較します。

やはりノベルティ制作で最も重要なのはデザインです。
今回ご紹介するエコバッグは、どれも年代・性別を問わずに使えるデザインですが、印象は少しずつ違いますよ!

キャンバスラインショルダートートのデザイン

キャンバスラインショルダートートのデザイン

キャンバス素材でデザインされた、オーソドックスなトートバッグ。
大きめのスクエアフォルムでラフな印象です。

ワントーンカラーをベースに、ハンドルのラインがアクセントに。
ハンドルのほか、ショルダーストラップも付いているので、肩掛けや斜め掛けにスタイルを変えて楽しめます。

カラーはナチュラル、ナイトブラック、ミッドナイトブルー、スカイグレー、カーキの5色展開。
ポケット部分に名入れ印刷ができ、ロゴやイラストが映えて、ノベルティとしての効果も期待できます。

2WAYサコッシュのデザイン

2WAYサコッシュのデザイン

一過性のトレンドで終わらず、定番バッグに仲間入りしたサコッシュ。
光沢のあるポリエステル素材でスポーティな印象です。

コーディネートのジャマをすることなく、ユニセックスで持てるシンプルなデザイン。
ショルダーベルトを短くして斜め掛けすれば、体に沿ってフィットして、ボディバッグのように持ち歩けます。

カラーはネイビーブルー、インクブラック、ミルキーベージュの3色展開。
バッグ全体に大きく名入れ印刷ができ、しっかりブランドをアピールすることができます。

不織布B5サコッシュのデザイン

不織布B5サコッシュのデザイン

スマホやお財布など、わずかなアイテムを持ち運ぶのに最適なサコッシュ。
不織布特有の透け感があり、すこしチープさがある見た目です。

ミニマルなデザインながら、長めにあしらわれたショルダーストラップと、ポップなカラーリングで、コーディネートのポイントとしてアクセサリー感覚で使えます。

カラーはなんと11色展開!
豊富なカラーバリエーションから選べるので、名入れ印刷をすれば、オリジナリティのあるノベルティが制作できます。

生地(素材)について比較

続いては、生地(素材)についての比較です。

エコバッグの使い勝手は、素材によって大きく変わります。
今回は、どれも違う素材のエコバッグですが、ターゲットにとって魅力的なのはどの素材でしょう?

キャンバスラインショルダートートの生地

キャンバスラインショルダートートの生地

使用しているのは、12オンスのキャンバス素材。
ほどよい厚みがあり型崩れしにくく、耐久性にすぐれています。

汚れたら気軽に洗えるので、気兼ねなく使用できるのも高ポイント。
使い込むほどに味わいが増していき、愛着も湧いてくることでしょう。

主張が強すぎず、どんなコーディネートにも難なく合わせられそう。
スタイリングを適度にカジュアルダウンしたいときにぴったりです。

2WAYサコッシュの生地

2WAYサコッシュの生地

耐久性の高いポリエステル素材を採用しています。
ナチュラルな印象のコットン製に比べて、ポリエステル製はクールで都会的なイメージ。

柔らかく、シワになりにくいので、気軽に折りたたんで旅先に持っていくのもよし!
水に濡れても乾きやすく、アウトドアやレジャーに持ち出しても活躍する優れものです。

街使いするときには、アウトドアミックスなスタイリングを楽しめます。

不織布B5サコッシュの生地

不織布B5サコッシュの生地

不織布の最大のメリットは価格の安さ!
コストを重視したいときや、大量ロットで作るときにおすすめです。

非常に軽い素材で、お子様やご年配の方も安心してお使いいただけます。
通気性にすぐれているので、ファッション小物を保管するのもよさそう。

ただし、読んで字のごとく「織らない布」なので、ほかの布製エコバッグより耐久性は劣ります。
簡単には破れませんが、日常使いにはあまり向いていません。

機能等の特徴について比較

最後は機能について比較します。

喜ばれるノベルティの条件には、機能面もはずせません。
今回は、肩から掛けられるエコバッグとして注目したい、サイズ感や使い方とあわせて、それぞれの仕様を紹介します。

キャンバスラインショルダートートの機能

キャンバスラインショルダートートの機能
キャンバスラインショルダートートの中身

トートバッグで重要なポイントなのが、自立するかどうかです。
当商品は厚手のキャンバス素材が採用されているうえ、縫製もしっかりしているので、きちんと自立します。

横420mm×縦320 mm×マチ140 mmと、A4の書類を収納できるサイズ。
ポケットにはスマホやパスケースをしまえて、日常使いだけでなく通勤通学の強い味方に!

ハンドルとショルダーストラップが付いているので、ショルダーバッグやクロスボディとしても持てるため、着まわし力も抜群です。

2WAYサコッシュの機能

2WAYサコッシュの機能
2WAYサコッシュの中身

サコッシュの使いやすさを重視するなら、仕様には注目したいところ。
当商品はファスナータイプなので、荷物を落とす心配がないのは高ポイントです。

また、ショルダーベルトはアジャスターで長さの調整ができます。
脱着式なので、ショルダーベルトを取り外せば、ポーチやクラッチバッグに早変わり。

横300mm×縦220 mmとマチ幅がない分、収納力は下がりますがバッグにボリュームが出過ぎず、スマートに身に付けることができます。

不織布B5サコッシュの機能

不織布B5サコッシュの機能
不織布B5サコッシュの中身

シンプルなデザインですが、機能もミニマル・・・。
裏を返せば、コンパクトさやスマートさが魅力ということです。

横300mm×縦220 mmと、スマホや財布など必要最低限のアイテムがきちんと収まります。
むしろ、荷物をたくさん入れると、野暮ったい印象になるためおすすめしません。

柔らかい素材なので、ショルダーストラップを結べば長さを変えることができます。
結び目がアクセントになって、チャーミングな仕上がりに。

肩から掛けられるエコバッグのおすすめ業種と配布シーンは?

年代・性別問わず人気のある肩から掛けられるエコバッグは、ノベルティとしての活用シーンもさまざま。

「キャンバスラインショルダートート」はA4サイズが入るので、社会人や学生への配布が喜ばれそうです。
両手がフリーになるサコッシュは、工場見学や展示会、イベントでの配布がおすすめ。
ポリエステル素材は、しっかりとした作りなので、ノベルティだけでなく物販にも活用できます。
不織布は、ショップバッグや結婚式の引き出物用としても人気です。

ぜひ参考にしてみてください!

キャンバスラインショルダートート

ご紹介した商品はこちら

キャンバスラインショルダートート

単価 601.7 円(税込)

2WAYサコッシュ

ご紹介した商品はこちら

2WAYサコッシュ

単価 265.1 円(税込)

不織布B5サコッシュ

ご紹介した商品はこちら

不織布B5サコッシュ

単価 63.8 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る