‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「ス‌タ‌イ‌リッ‌シュ‌ラー‌ジ‌トー‌ト」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「ス‌タ‌イ‌リッ‌シュ‌ラー‌ジ‌トー‌ト」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

205046-298スタイリッシュラージトートアイキャッチ画像

スタイリッシュラージトート

ご紹介する商品はこちら

スタイリッシュラージトート

単価 435.6 円(税込)

カッチリとしたフォルムでスタイリッシュ、フォーマルな場でも対応可能!
ビジネスシーンで大活躍するノベルティグッズはいかがでしょうか?

今回ご紹介する商品は、見た目も上品でおしゃれなトートバッグ。
「スタイリッシュラージトート」です。
ビジネスパーソンにマッチするエコバッグで、通勤用として重宝しますよ。

当記事では、「スタイリッシュラージトート」を実際に使って、使い心地を確かめてみました!
機能性やデザイン、お手入れ方法や配布シーンまで、あらゆる視点からレビューしていきます。
メリットやデメリットなど、スタッフの正直な感想も交えていますので、ぜひ参考にしてみてください。

シックなデザインで、キチンとした印象のノベルティをお探しの方。
ぜひ、当商品をチェックしてみてくださいね。

目次

スタイリッシュラージトートってどんなエコバッグ?

「スタイリッシュラージトート」とは、メランジ(霜降り)調のボックス型トートです。
見た目がかっこよく、ビジネス向け商品といったところでしょうか。
下記表は、商品概要についてです。

「スタイリッシュラージトート」とは、メランジ(霜降り)調のボックス型トート
単価(税込) 435.6円
デザイン ・モノトーンのスタイリッシュなデザイン
・メランジ(霜降り)調
・ボックス型トート
素材 ポリエステル・ポリプロピレン
特長・機能 ・スナップ付き
・B4サイズが収まる
・しっかりとしたマチつき
使い方 ・ビジネスバッグ
・普段用
・お買い物用エコバッグ
おすすめ
業種・配布シーン
・社会人向けイベントや説明会のノベルティ
・セレクトショップの購入特典
・雑誌の付録や景品

男女ともに使えるデザインで、通勤や通学などにも対応できるバッグ。
カジュアルだけでなく、フォーマルな服装とも相性バツグンです。

デメリットとしては、カラーバリエーションがないこと。
グレー1色のため、好みが分かれるかなと思いました。
派手な服装にはマッチしないので、着る服も選びそう・・・。
使うシーンや人物を選んで、配布したほうがいいかもしれませんね。

ですがモノトーンバッグは、ビジネスシーンで使えて超便利!
毎日の通勤時に使いたいなと思いました。
普段からキチっとした服装が好みの方にも、喜ばれるかもしれませんね。

それでは、詳しくレビューしていきます。

スタイリッシュラージトートのデザインについて

スタイリッシュラージトートのデザインについて

デザインは、メランジ(霜降り)調の生地に、モノトーンの持ち手がついたボックス型のトート。
丸みがなく、キチンとしたフォルムが印象的です。

シックなデザインは、大人の女性や男性に好まれそう。
普段使い・ビジネスシーン、どちらでも使えるのが嬉しいですね。
年齢層をあえて言うなら、社会人からシニアの方におすすめです。

読書や勉強が好きな知的なお子様でも使えるかもしれませんね。
塾やお稽古事などに活躍しそうなバッグです。

正面の中央に、名入れ印刷ができます!
ワンポイントのロゴを入れるだけで、オリジナルのノベルティに早変わり。
PR効果も期待でき、通勤時に毎日使ってもらうことで、認知度もグングンUP。
ぜひ、ノベルティグッズとしてご活用してみてはいかがでしょうか。

スタイリッシュラージトートの素材について

スタイリッシュラージトートの素材について

素材は、ポリエステル・ポリプロピレン。

触り心地は、内側がツルツルしており、外側はサラサラしています。

厚い生地でしっかりしていて、耐久性があります。
少々重いものを入れても大丈夫。

硬い生地でシワになりにくいですが、型崩れはしやすいです。
ボックス型のシルエットが壊れないよう、洗濯機の使用は避けたほうがいいでしょう。

スタイリッシュラージトートの特長・機能について

つづいては「スタイリッシュラージトート」の特長や機能について。
容量や持ちやすさなどをレビューしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

容量はどれくらい?

スタイリッシュラージトートの特長

サイズは、タテ280mm・ヨコ380mm・マチ100mm。
横長でマチがしっかりあるトートバッグです。

・2Lのペットボトルはヨコに2本
・1Lの紙パックはタテに4本
・お弁当箱(横長)+500mlのペットボトル1本
などが入りました。

ラージトートと言うだけあって、たくさんモノが入ります。
お買い物用エコバッグとして使ったところ、我が家では1~2日分の食材が入りました。

B4サイズの書類が入るため、ビジネス用としても使い勝手がいいと思います。
書類や資料、ステーショナリーを入れて、持ち運びがしやすいですよ。

ちなみに大きさだけで言えば、15.6インチのノートパソコンも入れられました。
パソコンをそのまま入れるのはおすすめしませんが、容量の参考までに・・・。

持ちやすさはどう?

手や腕に提げると持ちやすいです
一応肩掛けも可能ですがちょっと窮屈な感じ

当商品は、手や腕に提げると持ちやすいです。
一応、肩掛けも可能ですが、ちょっと窮屈な感じ・・・。
男性や、ガッチリした体型の方は手や腕で持った方が持ちやすいと思います。

持ち手の幅が、約25mmと細く、重いものを入れるのには不向き。
手に食い込んだり、肩が痛くなったりします。
2Lのペットボトルも2本入れられますが、少し手が痛かったです。
歩きが少ない車移動であれば、少々重いものを入れてもいいかもしれませんね。
自転車のカゴには、斜めにすると入ります。
レジかごにはスッポリ収まるサイズですよ。

ひとつ気になった点は、肩掛けした時にカバンの角が当たって痛いこと・・・。
二の腕にチクチク刺さり、ちょっと気になる感じがありました。
腕や手に持つ分には気になりませんよ。

折りたたんで収納できる?

「スタイリッシュラージトート」は、半分までなら折りたためます

「スタイリッシュラージトート」は、半分までなら折りたためます。
生地がしっかりしているため、それ以上は小さくなりません。
広げて収納する方法が合っています。

形をキレイなまま保ちたいのであれば、バッグの中にモノを入れ、吊るして保管したほうがよさそう。
私も、中にタオルや帽子などを入れて、クローゼットに吊るしています。

保冷効果はある?

保冷効果はありません

残念ながら、保冷効果はありません。
お買い物用エコバッグや、通勤時にお弁当を入れて持ち運ぶのに便利ですが、暑い時季は注意したほうがよさそう。
生鮮食品やお弁当を入れるときは、保冷剤をプラスしてくださいね。

スタイリッシュラージトートの使い方について

つづいては「スタイリッシュラージトート」の使い方についてご紹介いたします。

どんな使い方がおすすめ?

私がおすすめする使い方は以下の3つ。
「通勤用」・「普段使い」・「お買い物用エコバッグ」です。

通勤用

見た目と機能性を考えると、この使い方が一番しっくりくる感じ。
私も過去に、同じシルエットのバッグを通勤用に使っていました。
スーツとまではいかないですが、通勤はキレイめな恰好をしている方も多いですよね。
当商品は、そんな方にピッタリ。
男女ともに使えるカラーで、ビジネスシーンに活躍してくれそう。
書類や資料、お弁当などを入れて通勤している姿が思い浮かびます。
スナップ付きだから、中身が見えにくく安心ですよ。

普段使い

ショッピングなど、お出かけ時にも活用できます。
ラフな格好には合いませんが、キチンとした洋服とは相性よし。
大人な雰囲気を演出してくれそうですね。

お買い物用エコバッグ

私は普段、この使い方です。
中に、スマホとお財布を入れてスーパーでお買い物しています。
自立するのでフニャッとならず、食材やドリンクも入れやすいですよ。
別に折りたたみエコバッグも持っておけば、荷物が増えたときも安心ですね。

お手入れの方法や注意点

私がお伝えしたいお手入れ方法と注意点は以下の通りです。

お手入れ方法

汚れが気になる場合は、ぬらしたタオルに洗剤をつけて軽くふき取ってください。
水に濡れたときは、すぐに拭き、しっかりと乾燥させましょう。
汚れがひどいとき、どうしても洗いたい場合は、優しく手洗いしてくださいね。

注意点

型崩れしやすいため、洗濯機はNG。
色褪せしないよう、できるだけ直射日光はさけてください。
重すぎるモノを入れないでください。

スタイリッシュラージトートのおすすめ業種と配布シーンは?

キッチリしていて大人な印象の「スタイリッシュラージトート」。
特に、ビジネスパーソンをターゲットとした業種の方におすすめです。

・社会人向け説明会やイベントの来場記念
・セミナーや講習会での参加景品
・スクールやお稽古事などの入会特典

などで、配布してみてはいかがでしょうか?

男女問わないデザインなので、配布もしやすいと思いますよ。
シックでスタイリッシュなノベルティをお探しの会社様・企業様。
ぜひ、「スタイリッシュラージトート」をご活用ください。

スタイリッシュラージトート

ご紹介した商品はこちら

スタイリッシュラージトート

単価 435.6 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る