エコバッグノベルティ「イベントリュック」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「イベントリュック」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「イベントリュック」を使った感想は?

イベントリュック

ご紹介する商品はこちら

イベントリュック

単価 259.6 円(税込)

お揃いのエコバッグを作って、クラブチームや仲間と思いを共有しながら一緒に使いたい!
そんな団結力を高めるアイテムとしてエコバッグをお探しの方はいませんか?

今回ご紹介する「イベントリュック」はお揃いで使うと統一感の出るアイテムです。
イベントやフェス、スポーツチームのバッグとして集まった仲間や参加者に配ってみてはいかがでしょう。
チームやイベント参加者のモチベーションを上げてくれるノベルティにオススメですよ。

軽くて巾着状のナップサックは、リュックサックよりも気軽に使える手軽で便利なエコバッグです。
スポーツからタウンユースまで、いろんなシーンで使える「イベントリュック」は、外出するのが楽しくなりますよ。

当ページは、実際に私が使ってみた感想を交えながら「イベントリュック」をレビューしたいと思います。

集まったみんなで同じものを使いたい!そんな気持ちのこもったノベルティをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

目次

イベントリュック〇〇ってどんなエコバッグ?

「イベントリュック」は、どこかレトロなデザインが新鮮なナップサック。
子供の頃に使っていたイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、最近ではオシャレなファッションアイテムとして密やかに注目されています。

ストラップは紐で、リュックサックよりも気軽に使えるメリットがあります。
それでは、商品概要からチェックしていきましょう。

イベントリュックの商品概要
単価(税込) 259.6円
デザイン ナイロンリュック
素材 ポリエステル、他
特長・機能 ・軽量
・たくさん入る
使い方 ・スポーツ用品入れに
・散歩のお供に
・レジャー用バッグに
おすすめ
業種・配布シーン
・スポーツ用品店の購入特典として
・スポーツチームのオリジナルナイロンリュックとして
・くじやポイントの交換の景品として

今回のレビューで、私も久しぶりにナップサックを使いました。
こんなに単純な作りなのに、物を運ぶ道具として優れたアイテムですよね。
しかも、収容力もたっぷりあるので、両手を空けて行動したいアクティブなシーンで活躍します。
野外で開催される1日中歩くようなイベントで、参加特典にもらえたら嬉しいと思います。
個人的には、防災グッズとして必要な物を入れて保管しておくのもいいかな!って思っています。

イベントリュックのデザインについて

イベントリュックのデザインについて
デザインや色によって存在感や印象はガラリと変わります

「イベントリュック」はナップサックならではのシンプルな形状で、レトロな雰囲気を与えてくれます。
シンプルだからこそ、デザインや色によって存在感や印象はガラリと変わります。
企業イメージやターゲットに合わせてピッタリの色を選んでください。

カラーバリエーションは、ブラック、ネイビー、ロイヤルブルー、ホワイトの4色展開です。
今回私はロイヤルブルー使ってみました。

意外と色んなコーディネートに取り入れやすいアイテムです。
普段づかいはもちろん、スポーツや旅行、レジャーシーンで活躍するでしょう。

イベントリュックの素材について

イベントリュックの素材について

「イベントリュック」の主な素材はポリエステルです。
気軽に使えて丈夫なポリエステルは、普段づかい用にピッタリの素材。
形崩れが起きにくく、シワになりにくいのも特長です。

また、吸水性も低いため濡れてもすぐ乾きます。
水濡れに強い点は、アウトドアなど外で使用するのにも向いていますよ。

生地はシャカシャカとした手触りで、中身を入れないとリュック自体ではクタっとして自立しません。

イベントリュックの特長・機能について

デザインと素材についてご紹介しましたが、ここからはもっと詳しい特長や機能についてお伝えします!

容量はどれくらい?

「イベントリュック」の大きさ

「イベントリュック」の大きさは、横約42cm×高さ約53cm。
マチはありませんがたっぷりとした容量で、1泊2日分の着替えなら余裕で収容できます。

写真は、サイズ感の分かりやすい物を入れてみました。
A4サイズのクリアフォルダーとクリアファイル、500mlのペットボトル、キッチンペーパー2個セットを入れた状態です。
ご覧の通り、まだまだ他の物を入れる余裕がありますね。

スポーツグッズを入れるのにも良さそう。
野球をしている方なら、スパイクやグローブ、ボールなど入れて持ち運びできますよ。
ジムやヨガの室内シューズやレッスン後のタオル・着替えなど、かさばる荷物をまとめるのに便利だと思います。

肩紐も太く、柔らかく織りこまれた紐なので、肩に当たる衝撃を和らげてくれます。

持ちやすさはどう?

肩に背負って使うと、両手が空く
両肩紐をまとめてショルダーバッグのように使う

「イベントリュック」は写真のように肩に背負って使うと、両手が空くのでアクティブに動き回れます。
ファッションアイテムとしてさりげなく使う時には、両肩紐をまとめてショルダーバッグのように使うこともできます。
自転車のカゴにも入るので、サイクリングの時にも活躍しそうですね!

折りたたんで収納できる?

「イベントリュック」は折りたたみが可能です。
普段使い用バッグに入れて持ち運びもOK。
旅行の際にも折りたたんでスーツケースなどに入れておけば、街歩きや観光の際にはメインバッグやサブバッグとしても使えます。
三つ折り、四つ折りくらいまで折りたためるので、使わない時は収納ケースなどで保管でき、場所もとりません。

保冷効果はある?

「イベントリュック」は保冷効果のある素材を使っていない

「イベントリュック」は保冷効果のある素材を使っていないため、保冷効果はありません。
生鮮食品やお弁当などの持ち運びはできますが、保冷バッグや保冷剤を一緒に使ってください。

イベントリュックの使い方について

続いて「イベントリュック」の使い方についてご紹介します。
ノベルティをお考えの中の方は、お手入れ方法や注意事項もぜひチェックしてください。

どんな使い方がおすすめ?

「イベントリュック」は以下のようなシーンで活躍します。

スポーツ

靴や着替え、スポーツ飲料や水筒をいれるなど、ちょっとした荷物の持ち運びに最適。
ジム通いをしている方にうってつけのアイテムです。

旅行

かさばらないのが最大の特長でもある「イベントリュック」は、旅行のシーンでも活躍します。折りたたんでスーツケースやメインバッグに入れておけば、急に荷物が増えてもサッと取り出して使えます。
その他、ランドリーバッグとしても使えるので旅行にかかせないアイテムですね。

海やプールなどのレジャー

速乾性を生かして海やプールといった水辺のレジャーシーンにもオススメです。
Tシャツや短パンのような夏のカジュアルなファッションにもマッチしますね。

イベントや集まり

野外フェスやマルシェ、自治会のお祭りなど、イベントグッズとして使用すると目的意識や仲間意識が高まります。
マルシェやお祭りの買い物時にはエコバッグとして。
イベント運営にはスタッフバッグとして。
参加者同士の繋がり作りにも一役かってくれますよ。

お手入れの方法や注意点

「イベントリュック」の汚れが気になった時は手洗いがオススメです。
洗濯機を使用したい方は洗濯ネットに入れて洗ってください。

<手洗いの場合>
水またはぬるま湯で洗い、中性洗剤を入れやさしく押し洗いが基本です。
こすり洗いはNGです。
軽く絞って水気を切ったら、タオルドライをしてしっかりと風通しの良い場所で陰干し、完全に乾かしましょう。
洗濯機で洗った時は、脱水時間は短めに形を整えてから陰干しして下さい。

<使用上の注意点>
・雨などの水濡れにより、色むら・シミ・カビ発生の原因となる恐れがあります。
濡れた場合は、速やかに柔らかい布で軽く抑えるようにして拭き、陰干しをしてよく乾燥させてから使用・保管してください。
・濡れたままのものを重ねて置いたり、濡れた物を直接収納したりしないでください。
・塩素系漂白剤を使用しないでください。
・容量以上のものを詰め込んだり、極めて重い物を入れたりすると本体の破損、その他パーツに破損が生じる恐れがあります。

イベントリュックのおすすめ業種と配布シーンは?

軽くてシンプルな作りの「イベントリュック」は、あらゆる業種の方に活用していただけます。

スポーツからタウンユースまで幅広いシーンで使える「イベントリュック」は、様々な年代の方に喜ばれるアイテムです。

スポーツクラブやヨガスタジオの入会特典品や、スポーツショップやアパレルショップ、インテリアショップのオープン記念や周年記念品にもピッタリですよ。

「イベントリュック」は名入れ印刷対応の商品です。
オリジナルのロゴや企業名、学校名、イベント名などを印刷してオリジナルのノベルティも作れます。
自治会や学校のクラブ活動で使うオリジナルグッズとして、イベントやフェスの参加記念品、雑誌の付録にもオススメです。

アクティブに活動する方に向けたノベルティをお探しの方は、ぜひ「イベントリュック」をご検討ください。

このページで紹介したノベルティはイベントリュック

ご紹介した商品はこちら

イベントリュック

単価 259.6 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る