‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「厚‌手‌コッ‌ト‌ン‌バッ‌グ‌(‌L‌)」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「厚‌手‌コッ‌ト‌ン‌バッ‌グ‌(‌L‌)」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「厚‌手‌コッ‌ト‌ン‌バッ‌グ‌(‌L‌)」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

厚手コットンバッグ(L)

ご紹介する商品はこちら

厚手コットンバッグ(L)

単価 215.6 円(税込)

普段づかいや休日のアウトドアに加え、ビジネスシーンにも引っ張りだこのエコバッグ。
ノベルティとしても人気のエコバッグですが、その中から今回ぜひともご紹介したいアイテムがあります。

それがこちらの「厚手コットンバッグ(L)」です。
「厚手コットンバッグ(L)」は、Lサイズの大きさがマルチに使える厚手のコットンエコバッグです。
いろんなものを入れて気軽に持ち運びできるので、どなたにとっても便利なバッグだと思います。

「ノベルティを探しているけど、どれにすれば良いかわからない!」と、悩んでいる方は注目してください。
当ページでは、「厚手コットンバッグ(L)」を実際に使って感じた使い心地や機能面などを、皆さんお伝えしたいと思います。
特に、大きめサイズのノベルティ探しで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

厚手コットンバッグ(L)ってどんなエコバッグ?

「厚手コットンバッグ(L)」は、マチのない大きめサイズのエコバッグです。
飽きのこないシンプルな「厚手コットンバッグ(L)」は、長く愛用してもらえるアイテム。

収容力が気に入って、とにかく外出先で荷物が増えそうな予感がした時は必ず持参して出かけました。
メインバッグにもサブバッグにも使えるところがポイントですね。

それでは、商品概要からご覧ください。

厚手コットンバッグ(L)の商品概要
単価(税込) 215.6円
デザイン トートバッグ
素材 コットン
特長・機能 ・エコマークつき
・持ち手が長い
使い方 ・普段づかいのメインバッグに
・折りたたんでサブバッグに
おすすめ
業種・配布シーン
・アパレルブランドの購入特典として
・インテリアショップの周年記念品として
・量販店やスーパーの来場記念品として
・くじやポイント交換の景品として

私は、本屋さんに行く時や着替えの持ち運びが必要な時によく使っていました。
何と言ってもたっぷり入るところが魅力です。
例えばA3サイズの画用紙を入れるとちょっとはみ出てしまいますが、それでも2cm程の飛び出しなので、実際に持ち運ぶ時は問題なく肩に掛けて持てます。

帰り道で急なお買い物をしても、「厚手コットンバッグ(L)」があれば商品をサッと入れて持ち帰れたので、本当にあると助かるアイテムです。

ただ、バッグが大きい分、小さな鍵やスマホをそのまま放り込んでしまうとガサゴソ探すことも多かったです。
内ポケットがついていたら、もっと機能的には良かったかもしれませんね。

厚手コットンバッグ(L)のデザインについて

厚手コットンバッグ(L)のデザインについて

「厚手コットンバッグ(L)」は、シンプルなデザインのトートバッグです。
バッグの内側に内ポケットや仕切りはなく、ワンルームにたっぷり収容できます。

「厚手コットンバッグ(L)」のカラーバリエーションは、ナチュラル、ブラック、ネイビー、ワインレッドの4色展開。
写真は、ナチュラルです。
どんなお洋服にも合わせやすく、毎日のコーディネートに取り入れられる気軽さも魅力です。

厚手コットンバッグ(L)の素材について

厚手コットンバッグ(L)の素材について

「厚手コットンバッグ(L)」の素材は名前の通りコットン(綿)です。
無漂白の「エコマーク付き」なので、環境保全に関心のある企業様にもオススメのノベルティです。
化学薬品での漂白・染色を行っていないため、コットン本来の肌触りと優しい風合いがポイントです。
生地の表面には「綿カス」と呼ばれる黒い小さな点が多くみられますが、綿の葉や茎の破片によってできた物です。
ナチュラル雰囲気も楽しめますね。

厚手コットンバッグ(L)の特長・機能について

ここからは、もっと詳しい特長や機能についてお伝えします。
エコバッグをお探しの方は参考にしてください。

容量はどれくらい?

「厚手コットンバッグ(L)」の大きさ

「厚手コットンバッグ(L)」の大きさは、横約38cm×高さ約42cm。
底や両サイドにマチはありません。
それでもたっぷりと入る容量にびっくりのエコバッグなんです!

写真は、普段のお買い物シーンで見かける大きさが分かりやすい物を入れてみたところです。
A4対応の封筒、雑誌、ロングパスタ、500mlのペットボトル、食品パッケージ(高さ23.5cm)が余裕で収まりました。
ご覧の通り、まだまだスペースがあります。

2人暮らしの方なら、スーパーでのお買い物にちょうどいい容量のエコバッグだと思いますよ。
汎用性が高い「厚手コットンバッグ(L)」は、幾つでも持っていたいバッグですね。

持ちやすさはどう?

肩掛けしやすい

肩掛けしやすいのはもちろん、腕にかけても、手に持って手提げにもできます。
どんな持ち方もストレスなく使えるところは、皆さんにオススメしたいポイントです。

自転車で移動する時はカゴに入れて、近所へのお買い物や通勤・通学にも使えますよ。
「厚手コットンバッグ(L)」は持ち手もしっかりしています。
安心して毎日使えるエコバッグですね。

折りたたんで収納できる?

「厚手コットンバッグ(L)」は簡単に折りたためます。
中身を取り出すとそれだけでペタンと薄くなるのですが、そこから二つ~三つ折りくらいまで折りたたむと片手でサッと取り出せるハンディな大きさに。
メインバッグとしても使えますが、携帯できるコンパクトさを持ち合わせているのでサブバッグとしても活躍します。

保冷効果はある?

「厚手コットンバッグ(L)」は保冷効果のある素材が使われていない

「厚手コットンバッグ(L)」は保冷効果のある素材が使われていないため、保冷効果はありません。
生鮮食品やお弁当などを入れて長時間持ち歩く際は、保冷剤や保冷バッグを併用してお使いください。

厚手コットンバッグ(L)の使い方について

次に、「厚手コットンバッグ(L)」の使用シーンについてご紹介します。
お手入れ方法や注意点も合わせてチェックしてください。

どんな使い方がおすすめ?

「厚手コットンバッグ(L)」は、年齢や性別を問わない幅広い方々に活用してもらえるエコバッグです。

学生さんなら、毎日の通学メインバッグやサブバッグにぴったり。
部活で使うジャージやタオル、授業で使う参考書などかさばる物をスッキリ入れられます。

ビジネスシーンでご利用の際は、大きめの参考資料やカタログだって楽々収容できますよ。

その他、主婦の方やシニア層の方には普段づかいのバッグとしてオススメします。
スーパーでのお買い物や、習い事、友人とのお出かけにも使えて便利ですよ。

レジャーやアウトドアでは、キャンプ道具や着替え、お子さんが遊ぶオモチャなどを入れてファミリーで使う時にも重宝します。

たっぷり入る容量が魅力の「厚手コットンバッグ(L)」は、生活のあらゆるシーンで活躍してくれること間違いなしです。

お手入れの方法や注意点

お手入れは、できるだけ手洗いすることをおすすめします。

<手洗い方法>
洗い桶にぬるま湯をはり、洗濯洗剤を溶かしてやさしく押し洗いをします。
綺麗な水に入れ替え、押し洗いの要領ですすぎます。
軽く手で絞るか、洗濯機で軽く脱水(短い時間に設定)して完了です。
風通しの良い場所で陰干しをしてください。

※洗濯機で洗う場合はネットに入れて、縮みが出ないように脱水の時間は短く設定してください。

<注意点>
使用頻度の多いエコバッグは、容量を守らないと袋が破損する恐れがあります。
無理やり大きい物を入れたり、重すぎる物を入れたりしないで下さい。
また、鋭利な物、尖った物を入れると穴が開いたり破れたりするので注意して下さい。

汚れたら定期的に洗うことが大切ですが、汚れがつかないように気をつけるのもポイントです。
・スーパーなどで買った食品は汁がこぼれそうなものはビニール袋に入れておく。
・家に帰ったらすぐに中身を出す。
・中が濡れてしまった時は乾かしてからしまう。
上記のようなことに注意して使うと長持ちすると思います。

洗濯機の脱水や乾燥機は生地が縮む可能性があるので、汚れた時はなるべく手洗いの方がいいと思いました。

厚手コットンバッグ(L)のおすすめ業種と配布シーンは?

「厚手コットンバッグ(L)」は汎用性が高く、幅広く色んな業種に活用してもらえます。
アパレルショップの購入特典や、インテリアショップの周年記念品として活用してみてはいかがですか?

学校関係ではセミナーやオープンキャンパス、社会人には研修や展示会などの参加特典として資料と一緒に配ると喜ばれると思います。

「厚手コットンバッグ(L)」は、名入れ印刷ができるアイテムなので、素敵なイラストやロゴ、企業名や学校名を入れるとオリジナルのノベルティが作れますよ。
雑誌の付録にすれば、読者間で話題になって売り上げアップに繋がりそうですね。

たっぷり収容の便利なノベルティトートバッグをお探しの方は、ぜひ「厚手コットンバッグ(L)」をご検討ください。

このページで紹介したノベルティは厚手コットンバッグ(L)

ご紹介した商品はこちら

厚手コットンバッグ(L)

単価 215.6 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る