エコバッグノベルティ「デニムカレッジトート(M)ワイド」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「デニムカレッジトート(M)ワイド」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「デニムカレッジトート(M)ワイド」を使った感想は?

ご紹介するノベルティはデニムカレッジトート(M)ワイド

ご紹介する商品はこちら

デニムカレッジトート(M)ワイド

単価 487.3 円(税込)

デニムはさまざまなコーディネートと相性が良く、カジュアルさと生地の表情でいろんな楽しみ方ができるのが魅力です。
ノベルティグッズの中でも人気のデニムトートはファッションにも取り入れやすく、性別を問わず使えるバッグとしてオススメですよ。

今回はそんなデニムトートの中から「デニムカレッジトート(M)ワイド」をご紹介したいと思います。
「デニムカレッジトート(M)ワイド」は、誰でも使いやすいユニセックスなアイテムです。
実際に私も使ってみたので、「デニムカレッジトート(M)ワイド」の魅力や使い心地を皆さんにお伝えしますね。

カジュアルでオシャレ感のあるノベルティを探したい!と思っている方は必ずチェックして参考にしてください。
皆さんに愛用してもらえるお気に入りのアイテムが見つかると思います!

目次

デニムカレッジトート(M)ワイドってどんなエコバッグ?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」はヨコ型のデニムトートバッグ。
四角いフォルムが印象的です。
いろんな方に使ってもらえると思いますが、個人的には若い世代の方に愛用してもらえる気がします。
それでは、実用性とオシャレを両立できる「デニムカレッジトート(M)ワイド」の商品概要をチェックしましょう。

デニムカレッジトート(M)ワイドの商品概要
単価(税込) 487.3円
デザイン ヨコ型トートバッグ
素材 コットン
特長・機能 ・A4サイズ対応
・ヨコ型
・マチ付き
使い方 ・普段づかいのバッグに
・折りたたんでサブバッグに
・通勤、通学のバッグに
・旅行時の散策用のバッグに
おすすめ
業種・配布シーン
・アパレルショップの購入特典として
・インテリアショップのオリジナルグッズとして
・ジーンズショップのポイント交換の景品として
・オープンキャンパスの参加記念品として

生地に風合いがあるので、他のエコバッグより雰囲気があります。
大き過ぎないサイズ感と短めの持ち手が、習い事などのレッスンバッグとして活用するのに良さそうです。
私は趣味の手芸のレッスン専用バッグとして使いました。
A4サイスが入るのでクリアファイルに入れた型紙や、コマゴマとした裁縫グッズを入れたボッも全部まとめて収容できました。

お子さんが持っても可愛いので、お子さんのレッスンバッグにもいいですね!

デニムカレッジトート(M)ワイドのデザインについて

デニムカレッジトート(M)ワイドのデザインについて

「デニムカレッジトート(M)ワイド」はカジュアルなデニムが特長のヨコ型トートバッグです。
デニムの風合いがこなれた感じを出してくれます。
どんなファッションにも合わせやすいので、いつもの洋服に「デニムカレッジトート(M)ワイド」を持つだけでコーディネートが決まります。

カラーバリエーションは、インディゴ・ウォッシュブルー・ヴィンテージブルーの3色展開。
写真は、ウォッシュブルーです。

デニムカレッジトート(M)ワイドの素材について

デニムカレッジトート(M)ワイドの素材について

「デニムカレッジトート(M)ワイド」の素材は、コットン。
通気性の良さや、吸水性の高さが特長です。

長く愛用していくと、風合いが変わってくるので、それも使う楽しみにしてもらいたいです。
意外と柔らかい素材なので、中身を入れなければクタっとして自立しません。

デニムカレッジトート(M)ワイドの特長・機能について

ここからは、「デニムカレッジトート(M)ワイド」の特長や機能についてもっと詳しくご紹介していきます。
バッグの実用性はこちらでチェックしてください!

容量はどれくらい?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」の大きさ

「デニムカレッジトート(M)ワイド」の大きさは、横約32cm×高さ約25cm(持ち手含まず)。
両側面と底にそれぞれ約10cmのマチがあります。

写真は実際に私がよく持ち歩いている物の中から大きさが分かりやすい物を入れてみました。
B5サイズのノートは縦にしても入ります。
A4クリアファイルは横にすると綺麗に収まり、500mlペットボトルもバッグから飛び出しません!!
両側面と底にマチがあるので、厚みがあるボトルものも安定していれることができますよ。
その他、教科書や参考書にも多いA5サイズの本も立てて入ります。
身近によく使うものがこうして綺麗に収まるので、使い勝手は抜群です!

持ちやすさはどう?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」は持ち手が短い
手提げとして使うとスッキリしたシルエットで綺麗に見えます

「デニムカレッジトート(M)ワイド」は持ち手が短いので、肩掛けはできません。
バッグのバランスから、手提げとして使うとスッキリしたシルエットで綺麗に見えますね。
普段リュックサックをメインバッグに使っている方なら、定期などすぐに出し入れするような物をいれるサブバッグとして活躍しますよ。
持ち手を握った感覚も、柔らかく肌馴染みがいいです。
取手と本体の接続部分もしっかりと縫製されているので、安心して持ち運びできます。

折りたたんで収納できる?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」は折りたためます。
両側面と底のマチをたたむだけでも、随分薄くなります。
そのまま収納もできますが、一つ~二つ折りくらいまでたためます。

折りたたんで携帯すると、いざという時のサブバッグとしても活用できるので便利ですね。

保冷効果はある?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」は保冷効果のある素材を使っていない

「デニムカレッジトート(M)ワイド」は保冷効果のある素材を使っていないため、保冷効果はありません。
生鮮食品やお弁当の持ち運びにも便利なサイズなので、保冷剤や保冷バッグなどと併用すると問題なくお使いいただけます。

デニムカレッジトート(M)ワイドの使い方について

続いて「デニムカレッジトート(M)ワイド」の使い方についてご紹介します。
いろんな方に愛用してもらえるノベルティをお探しの方はぜひご覧ください。

どんな使い方がおすすめ?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」は普段づかいに最適のトートバッグです。
どんな使い方ができるか詳しくご紹介します。

□主婦の方には
毎日のお出かけやお買い物に、普段づかいのバッグとしてお使いいただけます。
赤ちゃんとのお出かけに必要な、ママバッグとしても重宝しますよ。

□学生、社会人には
A4サイズ対応なので、通学や通勤のサブバッグとして参考書や資料、ビジネス書などを入れて持ち運びできます。
ランチバッグとしても使いやすい大きさです。

□習い事をしている方には
体育会系、文化系問わずレッスンバッグにおすすめです。
かさばる荷物(タオルや着替え)や、細かい道具をまとめて入れて持ち運びできます。

□家族とのお出かけには
レジャーや旅行の際にはメインバッグとして、または折りたたんでサブバッグとしても利用できます。
旅先の散策時や野外へのお出かけにもピッタリです。
デニムがアクティブな印象を与えてくれますね。

お手入れの方法や注意点

デニム生地のデメリットも合わせてチェックおきましょう。
「デニムカレッジトート(M)ワイド」は、洗濯方法に注意が必要です。
タグには『洗濯することはできません』と書いてありますが、汚れが気になってくるとどうしても洗いたくなります。
そこで、私は気をつけながら単独で優しく洗う方法でお手入れをしました。

デニムは色落ちしやすい生地です。
一番色落ちしやすいのが洗濯時です。
デニムだけで洗っていれば問題ありませんが、他の洗濯物(特に白いもの)と一緒に洗うと、色移りする可能性があります。
デニムが良い感じの色味になっても、他の洗濯物に色がついたらがっかりしますよね。

<洗い方>
洗い桶にぬるま湯や水をはり、洗濯洗剤を入れて優しく押し洗いします。
水を換えながら押し洗いしてすすぎ、すすぎ終われば軽く絞ります。
シワを伸ばすために、干す前にパンパンと叩いてから干しましょう。

<タグに書かれた注意点>
・素材の特性上、色落ち、収縮します。
・水濡れや摩擦により色落ち、色移りします。

デニムカレッジトート(M)ワイドのおすすめ業種と配布シーンは?

「デニムカレッジトート(M)ワイド」はあらゆる業種にオススメできるノベルティです。

アパレルショップやインテリアショップの購入特典にいかがでしょう。
もっとたくさんの方に配布したいとお考えなら、不特定多数の方が訪れるスーパーやホームセンター、量販店などの来場記念品としても喜ばれると思います。

さらに「デニムカレッジトート(M)ワイド」は、名入れ印刷対応のアイテムです。
企業ロゴや、ショップ名を印刷して配布すると宣伝効果が期待できます。
学校関係や新商品をPRしたい企業など、名入れ印刷をしてオリジナルエコバッグを作ってみませんか?

デニムのエコバッグは個性的でインパクトがありながら、もらった人の生活に馴染みやすいノベルティグッズです。
カジュアルでオシャレ感のあるノベルティをお探しなら、「デニムカレッジトート(M)ワイド」がオススメです。
ぜひ、ご検討ください。

ご紹介したノベルティはデニムカレッジトート(M)ワイド

ご紹介した商品はこちら

デニムカレッジトート(M)ワイド

単価 487.3 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る