ポーチノベルティ「京都くろちく・はまぐり巾着」を使った感想は?

ポーチノベルティ「京都くろちく・はまぐり巾着」を使った感想は?

ポーチノベルティ「京都くろちく・はまぐり巾着」の使用レビュー(口コミ)ページです。「京都くろちく・はまぐり巾着」を実際に使った感想として、デザイン・素材・特長(機能)・使い方・お手入れ方法・ノベルティとしての活用術をまとめてご紹介します!

京都くろちく・はまぐり巾着

ご紹介する商品はこちら

京都くろちく・はまぐり巾着

単価 216.7 円(税込)

最近よく見かける市松模様ですが、どんな意味があるかご存知ですか?
途切れなく続いていく柄が「繁栄」をイメージさせることから、「子孫繁栄」「事業拡大」など、縁起のいい模様とされています。

今回ご紹介するのは、その市松模様を使ったアイテム!
『京都くろちく』ブランドの「京都くろちく・はまぐり巾着」です。

和雑貨のデザイン・販売などを手掛ける『くろちく』らしい、モダンで親しみやすい市松模様が魅力的です。
縁起の良い模様、ブランドの安心感、使いやすいサイズ&機能性と、かなりハイレベルなノベルティですよ!

写真と一緒に詳しくご紹介していきますので、じっくりご覧ください!

目次

京都くろちく・はまぐり巾着ってどんなポーチ?

「京都くろちく・はまぐり巾着」は、ズバリ和柄の巾着です!
藍色と白の市松模様をアレンジしたデザインが、くろちくらしい洗練された印象です。

小物を収納する袋と言えばポーチが主流ですが、巾着ならではの良さがあります。

たとえばポーチのファスナーに中のものが噛んでしまって開きも閉まりもしない・・・!
どなたも経験ありますよね。
ファスナーを使わない巾着は、そういったポーチあるあるを回避できるのが何よりいいところです。

デメリットは、この巾着の場合、ヒモが少し固くて巾着をしぼりにくいこと。
ヒモの入れ口が別布で付けられているため、厚みがあり、キュッとしっかり閉じません。
あまり小さいものを入れると、横向きや逆さにした時にすきまから飛び出してしまいそうだと思いました。
基本的には口を上にした状態で持つでしょうから、そう問題ではないかもしれませんね。

そのほか、商品概要は以下の表をご覧ください。

京都くろちく・はまぐり巾着の商品概要
単価(税込) 216.7円
デザイン ・市松模様をアレンジした和風デザイン
・藍×白のカラーリング
・丸みのあるはまぐり型の巾着
素材 ・ポリエステル
・不織布
特長・機能 ・多少ボリュームのあるものも入れやすい
・軽く柔らか
・薄くかさばらない
使い方 ・ふだん使いに
・よく使うアイテムの収納に
・貴重品入れに
おすすめ
業種・配布シーン
・「和」関連の商品を扱う業種に
・宿や温浴施設などに
・季節のご挨拶の品として
・オープン・周年記念、購入特典、景品として

名入れ印刷は1色で対応しています。
印刷サイズは、ヨコ100mm×タテ50mmで、黒無地のウラ側に入りますよ。
さりげなく社名やロゴを入れると、少し味気ないウラ面のイメージが一変しそうですね。

京都くろちく・はまぐり巾着のデザインについて

京都くろちく・はまぐり巾着のデザインについて

写真は巾着をしぼったところです。
ぽってりとかわいらしいシルエットですね。

ちりめん加工された生地に藍と白のカラーリングが粋な雰囲気。
大きすぎず小さすぎない程よいサイズです。

商品名の「はまぐり巾着」とは、キュッとヒモを引くとはまぐり型になる巾着のこと。
袋の下角が丸く加工されているのが特徴ですね。
角にゴミやホコリが溜まりにくいという利点もあって、見た目だけでなく、実用面でも優れた形なんですよ!

ウラ側は黒の無地

ウラ側は黒の無地です。
名入れ印刷するとアクセントになって、デザイン的にもよさそうですね。

京都くろちく・はまぐり巾着の素材について

京都くろちく・はまぐり巾着の素材について

オモテ地はポリエステルです。
シワが付きにくく、型崩れしにくい優秀素材。
お手入れも比較的しやすいので、長く使えそうですね。

中は不織布

中は不織布が使われています。
こちらはあまり耐久性が高くないので、扱いは少し慎重に。
また、すべりが良くないので、ハンカチなど布のものは少し入れづらいかもしれませんね。

オモテ・ウラ、どちらも軽く柔らかな素材です。
確かにこのポーチ、とっても軽くて薄い!
ノベルティとしてはかなり扱いやすいと思いますよ!

京都くろちく・はまぐり巾着の特長・機能について

続いて、この巾着の機能面をチェックしていきましょう!
巾着は絞るとサイズが変わるので、具体的にどれくらいのものが入るのか気になります。
持ちやすさ、収納面などにも触れていますので、ご確認くださいね。

容量はどれくらい?

京都くろちく・はまぐり巾着の特長

サイズは平らに広げた状態でヨコ約230mm×タテ約220mmです。
しぼって手に持つと写真のような大きさです。
アレコレ入れるのではなく、必要最低限のものを入れるポーチ、といった感じですね。

厚めのハンドタオルが2枚入る

厚めのハンドタオルが2枚入るくらいの容量です。
巾着なので、ボリュームがあるものを入れられるのがいいですね!

折れ曲がりが気になる紙類を入れるのには向きません。
また先ほども触れましたが、入れ口をしぼっても少々隙間ができてしまいます。
ペンなどを入れると入れ口から飛び出す可能性があるので、細長いものを入れるのにもあまり向きませんね。

持ちやすさはどう?

持ち手は巾着のヒモ部分
手元から入れ口までの長さは22~23cmくらい

 
持ち手は巾着のヒモ部分です。
巾着をしぼると、手元から入れ口までの長さは22~23cmくらい。
写真のように、手に提げる、腕にかける、ともに問題なくできる長さですよ。

ただしっかりした持ち手ではないので、サッとつかむ、というような動きには不向きです。
その半面、細いヒモは気軽にどこにでも掛けられるので、かなり使いやすく感じました。
棚のフック、自転車やベビーカーのハンドルなど、どこにでも掛けられます。

こういう小さなポイントが、意外に使いやすさを左右しますよね。

折りたたんで収納できる?

「京都くろちく・はまぐり巾着」は折りたたむことも可能

「京都くろちく・はまぐり巾着」は折りたたむことも可能ですが、シワやヨレが気になります。
口をしぼらず伸ばすと厚みはないので、そのままでの収納をおすすめします。

ポーチと違ってマチがなく、写真のようにほぼ平ら。
棚の隙間やバッグの隙間など、どこにでも入る薄さで、携帯時もジャマにならない存在です。

京都くろちく・はまぐり巾着の使い方について

ノベルティにはあまり多くない和柄の巾着。
いまいち使用シーンがイメージできない、という方もおられるかもしれません。

実際どんな風に使えるのか、具体例を挙げてご紹介していきますね。
お手入れについても念のためご覧ください。

どんな使い方がおすすめ?

日常のちょっとしたものを入れるのにとてもいいポーチだと思います。
大きすぎないので遊びが少なく、ガチャガチャしません。
しかも、ふんわりボリュームのある巾着には、厚みのあるものも入れられますよ!

お出かけに、携帯に、お家でも、いつでも大切なものを入れるために携えていてくれる、頼れる相棒といった感じです。

・ふだん使いに
スマホ、財布、その他必要最低限の小物を入れるとジャストサイズ!

スマホ、財布、その他必要最低限の小物を入れるとジャストサイズ!
巾着もちょうどよいふくらみになり、見た目もGOODです。

・日常アイテムの収納に
頻繁に使うものの定位置として、この巾着を使うのもオススメ

頻繁に使うものの定位置として、この巾着を使うのもオススメの方法です。
今でしたら、マスク・除菌グッズ・体温計を入れて、吊り下げておけば、いつでもサッと取り出して使えます。
お出かけの際はこのまま持ち出せばいいので、外出準備もスムーズですね。

・貴重品入れに
旅先、温浴施設、ジムなど、貴重品だけを持って移動する時にぴったりの大きさです。
巾着のヒモはどこにでも掛けられ、使わない時はかさばらずしまっておけるので、便利ですよ。

その他、薬やおやつ、ガジェット類など、ちょっとした小物を入れるのにご使用ください。
残念ながら、プリーツタイプの不織布マスクは、端が折れてしまいます。
立体タイプのマスクなら大丈夫ですよ!

化粧ポーチとして使うのは、個人的にお勧めできません。
中が洗濯しづらい不織布なので、汚れやすいものを入れるのは避けたいところです。

お手入れの方法や注意点

水洗いはできれば避けた方がよさそうです。
内側の不織布素材には、耐久性があまりありません。
毛羽立ちやすいので、尖ったものや硬い箱などを入れるのも良くないでしょう。

巾着のオモテ生地はポリエステルなので、汚れが気になったらその都度サッとふき取るのがベスト。
ゴシゴシこすると毛玉ができやすいので、気を付けてくださいね。

濡れた場合はよく乾かしてください。
湿った状態で放置すると、シミ、色移り、カビなどの原因になりますよ。

京都くろちく・はまぐり巾着のおすすめ業種と配布シーンは?

「京都くろちく・はまぐり巾着」は、「和」に関連する業種のノベルティにおすすめします。

和雑貨、和食、酒屋や米穀店といった店舗なら、巾着の和のイメージがぴったりですよね。
また宿や温浴施設なら、お渡ししてすぐお使いいただけるので喜ばれると思います。

縁起の良い市松模様なので、季節のご挨拶の品として使うのもいいですよね!
開業・周年イベントの記念品、購入・利用特典、キャンペーンの景品などにもおすすめです。

ターゲットはやはり女性。
和のシーンならどんな年齢層の方にもマッチしそうですね。
あえてターゲットの年齢層を挙げるなら、50代以上の女性にふさわしいアイテムだと思います。
落ち着いた和の雰囲気がプレミアム世代にフィットすることでしょう。

このページで紹介したノベルティは京都くろちく・はまぐり巾着

ご紹介した商品はこちら

京都くろちく・はまぐり巾着

単価 216.7 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る