イラストレーター以外のソフトでデータを作成する時の注意点

イラストレーター以外(フォトショップ・ワード・エクセル)で入稿データを作成いただく場合の注意点をまとめました。
データの不備をなくすためにご活用ください。

フォトショップでデータを作る時の注意点

フォトショップでデータをお作りいただく際の注意点は、以下の通りです。

■テンプレートと同じサイズのデータを作成する
テンプレートとサイズが違うと、別途製作費を頂戴することがあります。
また、再入稿をお願いする場合もあります。

■テンプレートとデザインデータのレイヤーを分ける
テンプレートとデータが統合されているとテンプレートの線まで印刷されます。

■カラーモードはCMYKにする
RGBだと仕上がりに問題が生じることがあります。

■画像は原寸大、解像度は350dpi程度にする
画像を拡大・縮小すると解像度が変わるため原寸大でお使いください。
解像度が高すぎるとデータが重たくなります。
逆に解像度が低すぎるとキレイに印刷できません。

■完全データ(イラストレーターのデータ)への変換料が必要
フォトショップで画像データをご入稿いただいた場合、完全データへの変換料を頂戴いたします。
※金額はデザインや商品の種類によって差があります。

ワード・エクセルでデータを作る時の注意点

ワード・エクセルでデータを作成される場合は、以下の点にご注意ください。

■フォントが変わることがあります
入稿データに使用できないフォントが使われている場合、似たフォントに変更して対応いたします。

■画像のサイズはなるべく大きめで
画像と文字を使ったデザインの場合、画像のサイズが小さいと印刷した時に粗くなります。
なるべく大きなサイズの画像ファイルをお送りください。

■完全データ(イラストレーターのデータ)への変換料が必要
ワードやエクセルのデータは、完全データへの変換料が必要です。
※デザインや商品の種類によって金額に差があります。

なお、データ入稿の仕方は入稿方法の解説ページでご紹介しています。
「入稿方法が分からない」という方はご覧ください。

トップへ戻る