エコバッグノベルティ「ライトキャンバスタウントート(L)」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「ライトキャンバスタウントート(L)」を使った感想は?

ライトキャンバスタウントート(L)アイキャッチ画像

ライトキャンバスタウントート(L)

ご紹介する商品はこちら

ライトキャンバスタウントート(L)

単価 297 円(税込)

イベントやお店のノベルティにエコバッグを検討しながらも、実際の使い心地が気になっている方も多いのではないでしょうか。
そこで、当記事ではノベルティストアのスタッフが「ライトキャンバスタウントート(L)」を実際に使ってレビューします!

使ってみた感想を一言で表すと、「便利で手放せない」です。
そのくらいどのシーンでも使いやすく、物も入れやすいから重宝します。

「ライトキャンバスタウントート(L)」の使用感が皆さんに伝わるよう細かくお伝えしますので、ノベルティとして購入を検討されている方は、参考にしてみてください。

目次

ライトキャンバスタウントート(L)ってどんなエコバッグ?

「ライトキャンバスタウントート(L)」の商品概要は以下の通りです。

ライトキャンバスタウントート(L)の概要画像
単価(税込) 297円
デザイン シンプルで程よい厚みがあり入れたものが透けない
素材 コットン
特長・機能 A4サイズのファイルやペットボトルなども入りやすく底にマチも付いている
使い方 メインのバッグとしてだけでなくサブバッグとしても活躍する
おすすめ
業種・配布シーン
企業のマスコットキャラクターやロゴを入れて配布
企業名も一緒に入れることで宣伝になる

メリットとしては、素材が思ったより丈夫でたくさん荷物が入る点です。
生地がペラペラしすぎていると、荷物の入れ方によっては使っても数回で穴が開いたりクタっとすることがありますよね。
でも、生地がしっかりしていれば永く使ってもらえます。

広げるとある程度の大きさがありますが、素材が硬すぎないため小さくたたむのも楽です。
サブバッグとして、メインのカバンに入れて持ち歩きたいときに使いやすいのもメリットだと感じました。

デメリットに感じた部分はあまりないのですが、生地がしっかりしているとはいえ、重たいモノばかりを入れるとバッグが破れそうになります。
荷物の重さは考えたほうが良いでしょう。

ライトキャンバスタウントート(L)のデザインについて

ライトキャンバスタウントート(L)のデザイン

シンプルなデザインなので、老若男女どなたでもお使いいただけます。
幅広い年齢層をターゲットにノベルティ配布を考えている場合、「ライトキャンバスタウントート(L)」は多くの方に喜ばれるでしょう。

カラーはナチュラルだけでなく、ナイトブラック、ネイビー、チャコールグレーと4色の中から選べます。
どの色も飽きがこないので、永く使用してもらえそうですね。
ロゴや企業名を名入れ印刷する場合、印刷の色に合わせてバッグの色を選んでも良いでしょう。

ナイトブラックやネイビーの場合、白など明るい色で名入れすると目立って良さそうです。
逆に濃い色で名入れするなら、バッグのカラーにナチュラルを選ぶと自社のロゴが映えるでしょう。

ライトキャンバスタウントート(L)の素材について

ライトキャンバスタウントート(L)の素材

「ライトキャンバスタウントート(L)」の素材はコットンです。
触ってみると少しザラっとした感触。
個人的な感想ですが、よくあるエコバッグの素材という印象です。
厚みもちょうど良い感じで、筆記用具を入れて数週間持ち歩いてみても、穴が空くこともなく快適に使えました。

ただし、水には弱い素材なので、雨が降るときは濡れない工夫があったほうが良いかなと思います。
シワになることもなく、サブバッグとして使いたいときには折りたたみやすくて便利でした。

ライトキャンバスタウントート(L)の特長・機能について

ここからは、「ライトキャンバスタウントート(L)」を使って感じた特長や機能を詳しくお伝えします。

容量はどれくらい?

ライトキャンバスタウントート(L)の容量

「ライトキャンバスタウントート(L)」の大きさは、縦370mm×横390mmです。
110mmのマチも付いているため、お弁当やペットボトルなど底幅があるモノも安心して入れられます。
マチのおかげで袋に入れてから変な方向に倒れることもなく、お弁当を持参して歩いたときにもストレスがありませんでした。

容量としては約11Lあるため2Lのペットボトルが5本くらい入るわけですが、パンパンに入れると少し重すぎると思いました。
2Lペットボトルなら2本から3本はいけるかなという感じですね。

生地はしっかりして口が広いため、荷物の出し入れはラクラクです。

持ちやすさはどう?

ライトキャンバスタウントート(L)の持ちやすさ

持ち手が長くとってあるため、肩掛けだとかなり持ちやすいと思います。
ただ、手で持つとバッグ全体がダラーんとなってしまうので、持ちにくさを感じました。
重たいモノを入れすぎなければ、肩が痛くなることもなく、使いやすかったです。

自転車に乗ったときにもカゴの中にスムーズに入り、買い物の時にもレジカゴから詰めるときに入れやすく不便を感じませんでした。

折りたたんで収納できる?

当商品はコットン製のエコバッグなので、折りたたみ可能です。
コンパクトに折りたたんで通勤・通学用バッグに入れたり、使わないときはクローゼットに収納したりと、持ち運びや収納もラクラク。
見た目の印象より素材が柔らかくて折りたたみやすいと感じました。

ただし、折りたたみエコバッグのように留めるためのゴムなどがないため、カバンの中で広がってしまうことはありました。
輪ゴムなどを持っていれば、小さくした後に広がらないのでいいかなと思います。

保冷効果はある?

ライトキャンバスタウントート(L)に保冷効果はありません

ここまでにご説明した通り、当商品はコットン製のエコバッグ。
もちろん保冷効果はありません。

スーパーでの買い物用エコバッグとして使う場合は、別途保冷材や保冷バッグを準備したほうが安心でしょう。
少し小さい保冷バッグを準備して食材を入れ、その後常温の食品と一緒に全て「ライトキャンバスタウントート(L)」へ入れると持ち運びしやすくなります。

ライトキャンバスタウントート(L)の使い方について

ここからは、「ライトキャンバスタウントート(L)」の使い方をご紹介!
私が思うおすすめの使い方やお手入れ方法について解説します。

どんな使い方がおすすめ?

私がおすすめしたい使い方は、普段のメインバッグ、サブバッグ、スーパーやコンビニの買い物用エコバッグです。
買い物でも大量に重たいモノを買わなければ、「ライトキャンバスタウントート(L)」1枚で十分でしょう。

また、通勤や通学用のバッグにもピッタリ!
ちょっとした荷物やお弁当、500mlのペットボトルを入れて持ち歩いていました。

お手入れの方法や注意点

お手入れの方法で特に注意点はありません。
汚れたら洗えばキレイになりますし、洗濯ネットに入れて衣類と一緒に洗ってもOK。
今まで何度か選択していますが、キレイな状態で使えています。

ナチュラルカラーなので特に色移りはありませんでしたが、他のカラーの場合は最初だけ色移りに注意しましょう。

ライトキャンバスタウントート(L)のおすすめ業種と配布シーンは?

今やエコバッグはどなたも使うアイテムなので、「ライトキャンバスタウントート(L)」はあらゆる業種のノベルティにご活用いただけます。
たとえば、お店のキャンペーンや新店開業の際のノベルティにすれば、記念になるだけでなくその場でも使えるでしょう。
展示会やオープンキャンパスで、資料を入れて配ってもよさそうですね。

シンプルなデザインに名入れ印刷が映えるため、企業名やロゴが強く印象に残りそう。
エコバッグのノベルティを検討されている方は、「ライトキャンバスタウントート(L)」を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ライトキャンバスタウントート(L)

ご紹介した商品はこちら

ライトキャンバスタウントート(L)

単価 297 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る