エコバッグノベルティ「キャンバスライントート(S)」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「キャンバスライントート(S)」を使った感想は?

キャンバスライントート(S)のアイキャッチ画像

ハンドルラインがアクセントのおしゃれなミニトート

ご紹介する商品はこちら

キャンバスライントート(S)

単価 433.4 円(税込)

ハンドルラインと外側のポケットが印象的なエコバッグノベルティ「キャンバスライントート(S)」をご紹介します。
人気ブランドでも多用されているこのデザインは、使い勝手が良くとてもオシャレ。
ノベルティ、エコバッグの域を超えて愛されるアイテムです。
ポケットの部分に大きく印刷ができるので、ブランドロゴバッグのように企業名をアピールすることができますよ。
こだわりのデザインがとっても“映える”ミニトートバッグです。

それではエコバッグノベルティ「キャンバスライントート(S)」の感想とおすすめポイントご紹介しますね!

目次

キャンバスライントート(S)ってどんなエコバッグ?

「キャンバスライントート(S)」の製品概要は以下の通りです。
エコバッグとしてはもちろん、メインのハンドバッグとしても使いたくなるほどデザイン性も高く、しっかりした作りです。
サイズや機能について、詳しくまとめました。

「キャンバスライントート(S)」の製品概要
単価(税込) 433.4円
デザイン 厚手キャンバス地のカジュアルミニトートバッグ
素材 キャンバス素材(12オンス)
特長・機能 ・丈夫な厚手キャンバス地。
・定番で使いやすくスタイリッシュなデザイン。
使い方 ・普段のおでかけや、ランチタイムの外出に。
・お財布とスマホと水筒を入れても余裕のあるサイズ。
おすすめ
業種・配布シーン
・オシャレに敏感な女性があつまる、アパレルやコスメブランドの記念品に。
・ファミリー向けイベントのノベルティーに

キャンバスライントート(S)のデザインについて

「キャンバスライントート(S)」は、トートバッグの中でも需要の高い定番のデザイン。
バッグの外側からハンドルが始まる、カジュアルかつスタイリッシュな形です。

キャンバスライントート(S)のデザイン

大きなポケットはスマホやハンカチなどを入れるのにちょうど良く、とても便利です。
ナチュラル、 ナイトブラック、ミッドナイトブルー、スカイグレー、カーキの5色展開で、トレンドのくすみカラーやアースカラーも揃っているのが嬉しいですね。

販促品、ノベルティといえば赤か黄色など“派手で目立つ色”というイメージもありますが、普段使いには少々難しさを感じるものも多いですよね。
こちらの「キャンバスライントート(S)」であればその点は全く問題ありません。
普段着のカジュアルファッションにも合わせやすいデザインと色展開なので、女性だけでなく、男性にもおすすめです。
男性が気軽に持ち歩けるこのサイズのバッグはなかなか市販品では見つからないので、喜ばれること間違いありませんよ。

ポケット部分に大きく名入れ印刷ができるので、企業名や商品名をブランドロゴのようにデザインできます。
シンプルにローマ字をプリントするのもスタイリッシュですし、エンブレムのようなデザインにしてもオシャレですよね。

ポケットのロゴは確実に大きなアクセントになりますよ。

キャンバスライントート(S)の素材について

本製品は厚手のキャンパス地です。
12オンスと厚みがあるので、破れたりすることはまずありませんし、型崩れとも無縁です。
生地がしっかりしているため、多少の雨であれば中まで染み込んでしまうということもありません。

キャンバスライントート(S)の素材

このように、しっかりとした縫製のため、重たい荷物を入れてもハンドルが取れるようなことはありません。
ノベルティとしてだけでなく、普段使いのバッグとしても、長く愛用できるクオリティです。

キャンバスライントート(S)の特長・機能について

実際に使用してみて、使いやすさとデザイン性を両立していると感じました。
丈夫で軽くオシャレという、普段使いのバッグの条件を十分に満たしています。

重たい荷物をどんどん入れても型崩れしませんし、持ち手も太く手や腕に痛みも感じづらいです。

容量はどれくらい?

キャンバスライントート(S)の容量

本製品のサイズは、32cm×22cmで、マチは10cmあります。
持ち歩いてみたところ、大きすぎず小さすぎない使い勝手の良さを感じました。
お財布やスマホ、ペットボトル、折りたたみ傘などを入れても余裕があります。

持ちやすさはどう?

「キャンバスライントート(S)」は手持ち、もしくは腕にかけるミニサイズのトートバッグです。
肩掛けするタイプではありませんが、ハンドルがある程度太いため、重さや痛みを感じづらく、持ち歩きやすいです。

キャンバスライントート(S)の持ちやすさ

生地に硬さがある分、ある程度自立するので、自転車のカゴに入れてもクタっとならず、荷物の出し入れも簡単です。

折りたたんで収納できる?

折りたたんでバッグに入れて持ちあることができますが、キャンバス地なので厚みはあります。
ただ、シワが気にならない素材なのでエコバッグとして無造作にバッグに入れて持ち歩いてしまっても問題ありません。

持ち手が短いので、収納の際はハンガーラックやフックに掛けておくのもおすすめです。

保冷効果はある?

本製品には保冷効果はありません。
冷やした状態で食べ物や飲み物を持ち歩きたい場合は、保冷バッグと一緒に利用してくださいね。

キャンバスライントート(S)には保冷効果はありません

このようにしっかりとマチがあり、保冷バッグを中に入れて持ち歩けるサイズなので、夏のお出かけにもぜひご利用いただきたいです。

キャンバスライントート(S)の使い方について

続いては、「キャンバスライントート(S)」のおすすめの使い方をご紹介します。
実際使用してみて、使い勝手が良くとても素晴らしい製品だと実感しました!
そのポイントを解説します。

どんな使い方がおすすめ?

「キャンバスライントート(S)」はエコバッグノベルティではありますが、プリントデザインによっては普段のメインバッグとして使いたい!と感じました。
本製品の中にビニール製のエコバッグとお財布、スマホなどを入れて、お買い物に行くのにぴったりの大きさです。

オフィスの休憩時間、外出時に利用するランチバッグとしてのご利用に使っても便利です。

それ以外にも、パパママ層にはお子様との公園遊びやアクティブなお出かけにピッタリ!
ベビーカーの持ち手のフックに掛けても、口が大きく飲み物もおもちゃ、おやつなどすぐに取り出したいものを入れるのにも適していますよ。
汚れても気にならないキャンバス素材なので、夏休みの海水浴やキャンプでも大活躍しそうです。

男性のファッションにも合わせやすいカラー展開とデザインなので、パパにも喜ばれることでしょう。

お手入れの方法や注意点

カジュアルなキャンバス素材なので気軽に使えます。
デイリーに使い込み、汚れたらその都度洗濯をしてアクティブに使っていただきたい製品です。

少々くたびれてきてもキャンバス地は“味”になるので、時間の経過も楽しみですね。

キャンバスライントート(S)のおすすめ業種と配布シーンは?

「キャンバスライントート(S)」の配布におすすめなのは以下のシーンです。

・カフェやレストランのオープン記念のプレゼントとして
・親子連れが集まるアクティブな野外イベントの記念品として
・ペットボトルな重さのある商品をお渡しするときのノベルティとして

以上、厚手「キャンバスライントート(S)」を使ってみた感想と、おすすめのシーンです。
使いやすさとデザインの良さは間違いないので、お渡しした方々の喜ぶ姿が想像できますね。

ノベルティやエコバッグの枠を超えた、デイリー使いのハンドバッグの仲間入りができそうです。

名入れプリントもばっちり目を引く、インパクトを残すノベルティになりますよ。

ハンドルラインがアクセントのおしゃれなミニトート

ご紹介した商品はこちら

キャンバスライントート(S)

単価 433.4 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る