エコバッグノベルティ「クリアバッグ(A4スクエア)」を使った感想は?

エコバッグノベルティ「クリアバッグ(A4スクエア)」を使った感想は?

クリアバッグ(A4スクエア)アイキャッチ画像

クリアバッグ(A4スクエア)

ご紹介する商品はこちら

クリアバッグ(A4スクエア)

単価 453.2 円(税込)

エコバッグのノベルティはたくさんあり、多くのシーンで配布されています。
布製のエコバッグが主流のなか、PVC素材を使用したクリアバッグは、配ると目を引きそうです。

透明で涼しげな印象の「クリアバッグ(A4スクエア)」は、海やプールはもちろん、夏のお出かけにもぴったりです。
中に巾着を入れたり、チャームをつけて飾ったりと使い方もさまざま。
ファッション性が高いので、持ち歩くのが楽しくなりそうですね。

当ページでは「クリアバッグ(A4スクエア)」を実際に使ってみて、デザイン性や使い方、機能性についてレビューしていきます。

エコバッグのノベルティを検討しているけれど、トレンドに沿うもの、喜んで使っていただけそうなアイテムをお探しの方はぜひ参考にしてくださいね!

目次

クリアバッグ(A4スクエア)ってどんなエコバッグ?

「クリアバッグ(A4スクエア)」は、PVC素材を使用したビニール製のバッグです。

透明のため、涼しげな印象を与えます。
プールや海辺でも使え、とくに夏にはぴったりです。
開放感のあるデザインから、ここ数年はトレンドアイテムとしても注目されています。

カラーはクリアの1色。
A4サイズのスクエア型でマチ付きのため、普段の荷物も入れやすく使い勝手がいいでしょう。
またPVC素材で水や汚れに強く、気兼ねなく持てる点も魅力ですね。

シンプルですが、透明な見た目には存在感があります。
企業ロゴなどを名入れ印刷すると、より一層おしゃれな雰囲気に仕上がりますよ。

クリアバッグ(A4スクエア)
単価(税込) 453.2円
デザイン ・透明
・肩掛けできる
・スクエア型で使いやすい
素材 PVC
特長・機能 ・マチがあり荷物をしっかり入れやすい
・バッグ自体の色を気にせず名入れ印刷ができる
・水や汚れに強い
使い方 ・プールバッグやビーチバッグとして
・夏のお出かけに
・ちょっとそこまでのお出かけや散歩に
おすすめ
業種・配布シーン
・アパレルやコスメ業界の記念品として
・雑誌の付録
・アウトドア用品店のノベルティとして

クリアバッグ(A4スクエア)のデザインについて

クリアバッグ(A4スクエア)のデザインについて

「クリアバッグ(A4スクエア)」は、PVC素材を使用しており、ツルッとした見た目が特長です。
透明で中身が見えるデザイン。
そのまま荷物を入れて持ってもおしゃれに見えますよ。

ほかにもバッグの中に巾着やポーチを使ったり、持ち手にスカーフやチャームをつけたり、楽しめます。
持つ人の好みに合わせ、見た目をカスタマイズして使えるところが大きな魅力でしょう。

バッグはA4の縦型で、小さすぎず大きすぎないサイズです。
荷物をしっかりと入れても、比較的コンパクトに持てます。

クリアバッグ(A4スクエア)の素材について

クリアバッグ(A4スクエア)の素材について

「クリアバッグ(A4スクエア)」の素材はPVC素材を使用しています。
PVC素材とはポリ塩化ビニール樹脂と呼ばれるプラスチックの素材です。

「クリアバッグ(A4スクエア)」のPVCは比較的厚めで、すぐに破れる心配はなさそうです。
丈夫なつくりで荷物もしっかり入れられます。

使用によってシワになることはありません。
ただし折って保管したり折り目をつけたりすると、しばらく跡が残りそうです。

厚手のビニールのため、水や汚れに強く耐久性にも優れています。

クリアバッグ(A4スクエア)の特長・機能について

続いて、「クリアバッグ(A4スクエア)」の特長や機能について詳しくご紹介していきます。

容量はどれくらい?

「クリアバッグ(A4スクエア)」の大きさ

「クリアバッグ(A4スクエア)」の大きさは、横28cm×縦35cm×幅10cmの縦長のバッグです。
水筒や500mlのペットボトルなども余裕を持って入れられ、使い勝手がいいと感じました。

マチ部分にはプラスチック製の底板が敷かれているため、安定感があり荷物を入れやすいです。
レジャーを想定し、実際にバスタオルや水筒、財布、貴重品、などを入れたところ、案外余裕がありました。

透明のため、見られたくない荷物やごちゃごちゃしがちな小物類は巾着やポーチなどに入れるといいでしょう。
おしゃれなうえに、荷物をしっかりと守ってくれます。
反対に透明な素材を活かして、おしゃれな柄のブックカバーをつけた本やPOPな柄のハンカチなどは、見えるように入れると楽しいと感じました。

持ちやすさはどう?

「クリアバッグ(A4スクエア)」の持ちやすさ
「クリアバッグ(A4スクエア)」の持ち手の長さ

「クリアバッグ(A4スクエア)」の持ち手の長さは35cmで、肩にかけやすい長さです。
長すぎることもなく、そのまま手持ちでもおしゃれに持てますよ。

横幅が1.7cmと細めですが、柔らかいため持っていて痛いと感じることはありません。
ただし重い荷物を入れて長時間腕にかける持ち方だと、跡がつくかもしれません。

入れ口の真ん中にはボタンが付いているため、荷物が飛び出す心配は少ないです。

自転車カゴには問題なく入りました。
縦型のため、そのまますっぽりと入れられます。

またレジカゴに入るかどうかという観点では、残念ながらレジカゴ向きではありません。
口もそこまで開かないため、スーパーで購入したものを入れるという使い方も向いていないでしょう。

お出かけ向きのバッグだと思います。

折りたたんで収納できる?

「クリアバッグ(A4スクエア)」は折りたたむことも可能です。
ただし三つ折りにする程度で、持ち手もくるりと添わす程度のたたみ方となるでしょう。
あまり、きっちりと折ることはできません。
保管の際は、できれば持ち手は折らず、そのままバッグ部分を二つ折りにすることをおすすめします。

また折りたたんで保管すると、保管の時間が長いほど、バッグ同士がくっつき剥がれにくくなることがあります。
その場合は持ち手を引っ張るのではなく、本体のバッグの口からゆっくり剥がすようにしてくださいね。

保冷効果はある?

「クリアバッグ(A4スクエア)」に保冷効果はありません

「クリアバッグ(A4スクエア)」に保冷効果はありません。
外側も内側もPVC素材のため、保冷剤を入れて使用することもあまり向いていないでしょう。
生鮮食品やお弁当を入れる場合は、別のバッグの使用をおすすめします。

クリアバッグ(A4スクエア)の使い方について

次に「クリアバッグ(A4スクエア)」の使い方やお手入れ方法について、実際に使った感想を交えながらご紹介していきます。

どんな使い方がおすすめ?

「クリアバッグ(A4スクエア)」は、透明でおしゃれな雰囲気のエコバッグのため、レジャーやお出かけにおすすめです。
また夏のシーズンには、海やプールなどにも使えるバッグです。

ほかにもタオルやドリンクもしっかり入るため、スポーツジムや温泉などにも向いています。

布製のバッグとは異なりクリア素材のため、使い方は人それぞれに楽しめるという点も魅力ですね。

お手入れの方法や注意点

「クリアバッグ(A4スクエア)」の生地は、PVC素材のため洗濯機で洗うことは向いていません。
もしも汚れてしまった場合には柔らかい布に中性洗剤を含ませて拭きましょう。
汚れが付きにくい素材なので、すぐにきれいになります。

ベンジンやアルコール系の汚れ落としは、素材が溶けてしまう恐れがあるため、使わないでくださいね。

また、濡れたまま放置してしまうとカビが発生する原因になります。
濡れたあとはよく乾かしてから保存するようにしましょう。

さらに「クリアバッグ(A4スクエア)」は、生地の特性上、温度によって生地が硬くなることがあります。
その場合はバッグの角部分も硬くなります。
突いたり擦ったりなどの怪我には気をつけて使用してください。

クリアバッグ(A4スクエア)のおすすめ業種と配布シーンは?

「クリアバッグ(A4スクエア)」のおすすめの配布シーンは、アパレルや雑貨店、コスメブランドの記念品をおすすめします。
ママや子ども向けのイベントのノベルティや雑誌の付録にもいいでしょう。

クリアバッグというおしゃれな特長を活かして、トレンドやファッションに敏感な人に配ると喜んでもらえそうです。

またレジャーや海、プールにも持っていけるデザインのため、アウトドアブランドやキャンプグッズを扱うお店、サーフィンショップなどのノベルティや記念品などとしても活躍しそうです。

バッグ自体が透明なので、名入れ印刷の際、バッグの色とのバランスを考える必要がありません。
シンプルな英字ロゴなどでも目立つところも嬉しいポイントです。

中に入れるポーチや持ち手に巻くスカーフなど、各々アレンジが可能なバッグです。
もらったお客様は、きっと持ち歩きたくなることでしょう。

持つだけでおしゃれに見えるバッグのため、ほかの人の視線も集めやすく、企業のPR効果も大いに期待できますよ。

ノベルティにファッション性が高くたくさん使ってもらえるエコバッグをお考えの方は、ぜひ「クリアバッグ(A4スクエア)」をご検討ください!

クリアバッグ(A4スクエア)

ご紹介した商品はこちら

クリアバッグ(A4スクエア)

単価 453.2 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る