‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「デ‌ニ‌ム‌トー‌ト‌(M)」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌エ‌コ‌バッ‌グ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「デ‌ニ‌ム‌トー‌ト‌(M)」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

デニムトート(M)アイキャッチ画像

デニムトート(M)

ご紹介する商品はこちら

デニムトート(M)

単価 476.5 円(税込)

最近、ノベルティとして大人気のエコバッグ。
「いくつあっても困らない」という方も多いため、ノベルティとしてぜひ活用していただきたいアイテムです。

ただ、ありきたりなものだと「また同じようなエコバッグだな・・」と思われるかも!?
そこで今回は、他社と差別化できる「デニムトート(M)」をご紹介します。
このエコバッグは普段づかいができるうえ、おしゃれ。
とても魅力的なアイテムなのです。

ノベルティストアのスタッフが「デニムトート(M)」を実際に使ってみて、デザイン・素材・特長と機能・使い方について徹底レビューします。
どんな業種のノベルティにおすすめで、どんなシーンで配ると効果的かもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

目次

デニムトート(M)ってどんなエコバッグ?

デニム生地で作られた縦型のトートバッグです。

「これ、本当にノベルティ?」と思うほど、おしゃれで高見えするトートバッグ。
縦型のフォルムは洗練された雰囲気があり、持ちやすいサイズ感も高ポイントです。

デニムは年齢・性別を問わず人気とあって、お子さんから主婦の方まで幅広く喜ばれそう。
長く愛用してもらえるノベルティが作れるでしょう。

カジュアル感の強いデニムですが、カラーによって印象がガラリと変わってきます。
ターゲットが好みそうなカラーにステキな名入れデザインをすれば完璧です!

以下に商品概要をまとめましたのでご覧ください。

デニムトート(M)の商品概要
単価(税込) 476.5円
デザイン ・カジュアルなデニム素材
・縦型の中サイズトート
・肩かけできる持ち手
・マチあり
素材 コットン(デニム)
特長・機能 ・スマートなデザイン
・耐久性がある
・持ちやすいサイズ
使い方 ・普段づかいのバッグに
・サブバッグやレッスンバッグに
おすすめ
業種・配布シーン
・あらゆる業種におすすめ
・アパレル、雑貨店、カフェ、コスメショップなどのノベルティに
・女性向けの商品やサービスのノベルティに
・子ども~学生向けのイベントやプロモーションに

カラーは、インディゴ、ウォッシュブルー、ヴィンテージブルーの3色展開。

今回は、最も定番と言えるウォッシュブルーを使ってみました。

デニムトート(M)のデザインについて

デニムトート(M)のデザインについて

デザインはごくシンプルな縦型トートです。
デニムのカジュアル感が可愛く、もうノベルティというより、お店で買ったバッグと言えるクオリティ!

A4のファイルが縦にすっぽり入るサイズは、何かと使いやすい大きさです。
お子さんから大人まで、幅広い年齢層に使ってもらえるでしょう。

カラーは3色展開。
ウォッシュブルーは最もデニムらしい定番色。
インディゴなら、大人向けの上品な雰囲気に。
ヴィンテージブルーは明るさやトレンド感があり、お子さんや若い層にぴったりでしょう。

デニムトート(M)の素材について

デニムトート(M)の素材について

素材はコットンのデニム地です。
通常のジーンズとほぼ同じ13オンスの生地を使用しているそう。

デニムの特長はなんといっても丈夫さです。

「デニムトート(M)」の生地はよい厚みがあります。
分厚すぎるデニム生地だとゴワゴワしていたり、重かったりしますが、この生地はクタリと柔らかくて手触りがいい!
シワにもなりにくいです。

また縫製も、丁寧にしっかりとされています。
縫い目にはブラウンの糸を使っており、よいアクセントになっていますね。
耐久性は申し分なく、長く使えるバッグです。

デニムトート(M)の特長・機能について

続いては、「デニムトート(M)」の特長や機能をご紹介します。
容量・持ちやすさ・折りたたみの可否・保冷機能について、リアルな情報や感想をまとめました。

容量はどれくらい?

「デニムトート(M)」の大きさ

「デニムトート(M)」の大きさは、縦30cm×横20cm×マチ10cm。
A4のノートやファイルがちょうどよく収まるサイズです。

2Lのペットボトルを入れた様子

マチが10cmあるため、見た目以上に収納力があります。
上の画像は、2Lのペットボトルを入れた様子。
立てた状態で3本まで入ります。

持ち手は細めですがしっかり縫い付けられており、ペットボトルを入れても特に不安は感じませんでした。

持ちやすさはどう?

持ち手がついて、肩にかけて持てます

持ち手がついて、肩にかけて持てます。
サイズ的にも肩かけにするとフィット感があって持ちやすいです。

ただ持ち手はそれほど長くないので、体が大きい方、冬に厚手のコートを着る方は、肩がキツキツになるかも。
そんな時は、腕にかけるか、手提げにしてくださいね。

折りたたんで収納できる?

「デニムトート(M)」は折りたたむことが可能

「デニムトート(M)」は折りたたむことが可能です。

柔らかい生地なので折りたたみやすく、4つ折りにすると上の写真のようになります。
(文庫本と比べてみました)

シワがつきにくいので、たたんだり、クルクル丸めたりしてバッグや車に入れておいてもOK。

ポリエステルのエコバッグと比べると、やや重さとボリュームがあります。
エコバッグとして持ち歩くというよりは、普段づかいのバッグやサブバックとして使うのがおすすめかなと思いました。

保冷効果はある?

「デニムトート(M)」に保冷機能はありません

「デニムトート(M)」に保冷機能はありません。
内側の画像を見ていただくとわかるように、裏地はついておらず、デニム地一枚で作られています。

縦型で保冷機能もないことから、食品を入れるにはあまり向かないでしょう。
買い物向けというよりは、ファッションアイテムとして使っていただきたいバッグです。

デニムトート(M)の使い方について

ここからは、実際に使用した私の主観も交えながら「デニムトート(M)」の使い方をご紹介します。

どんな使い方がおすすめ?

「デニムトート(M)」は、メインバッグまたはサブバッグとして使い勝手が抜群です。

私は、買い物や用事で出かける時のバッグとして使いました。
お財布やスマホ、タオル、小さい水筒や日傘など、必要なものがしっかり入ります。

デニムのバッグはカジュアルな服装に合わせやすく、誰でも違和感なく持てるのが嬉しいところ。
軽くて丈夫とあって、気軽に使えます。

特に学生さんや若い方には、通学やお出かけに活用してもらえると思います。
デニムなら男性でも積極的に使ってくれそうですね。
サブバッグとして持っておけば、外出時に本を買ったり、資料をもらったりした時もスマートに収納できるでしょう。

お子さんのレッスンバッグにもちょうどいいなと思いました。

ひとつだけマイナスポイントなのは、ポケットや仕切りが一切ないこと。
細かいものを入れる時はバッグインバッグを使うとモノが整理しやすいですよ。

お手入れの方法や注意点

「デニムトート(M)」は洗濯できます。

汚れた時は中性洗剤を溶かしたぬるま湯で手洗いしましょう。
もちろん洗濯機でも洗える生地ですが、色落ちや色移りの心配があるので、洗濯機の場合は単独で洗うのがおすすめです。

洗濯後は形を整えて陰干ししてください。

ジーンズと同じようにガンガン使っては洗い、長く愛用できるバッグです。

デニムトート(M)のおすすめ業種と配布シーンは?

「デニムトート(M)」はあらゆる業種のノベルティとしておすすめです。

ターゲットとして最もマッチしそうなのは、10~20代前半の若者層。
カフェ、雑貨店、アパレルショップなど、トレンド感のあるお店のノベルティにぴったりではないでしょうか。

学生さん向けのオープンキャンパスで配ればとても喜ばれそうです。
本屋さん、CDショップなどカルチャー系にもよいですね。

さらに、30~40代の主婦層向けとしてもアリだと思います。
手軽に使えるバッグはいくつあっても嬉しいですから。

「デニムトート(M)」は最大横23cm×縦18cmまでの名入れ印刷ができます。
ロゴなどさりげないものから存在感のあるデザインまでプリント可能。

カラーとデザインの組み合わせによって、若者向けにポップに仕上げる、大人の女性向けにシックにまとめる、などテイストを変えられます。
ターゲットの好みに合わせ、ブランドやお店の個性をしっかりアピールできますね。

おしゃれで使えるオリジナルノベルティを作りたいなら、ぜひ「デニムトート(M)」をチェックしてみてください!

デニムトート(M)

ご紹介した商品はこちら

デニムトート(M)

単価 476.5 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る