ポーチノベルティ「スクエアポーチS」を使った感想は?

ポーチノベルティ「スクエアポーチS」を使った感想は?

スクエアポーチSアイキャッチ画像

スクエアポーチS

ご紹介する商品はこちら

スクエアポーチS

単価 115.5 円(税込)

ノベルティストアは数多くのポーチノベルティを取り扱っています。
今回はその中から小さくとも高級感のある「スクエアポーチS」をチョイス!

ノベルティストアのスタッフが、実際に商品を手に取って使用してみたうえでの率直なレビューをしていきます。

単に商品を褒めるだけではなく、気になった点もビシバシ書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

「スクエアポーチS」ってどんなポーチ?

「スクエアポーチS」の商品概要は以下のとおりです。

グレー黒白
単価(税込) 115.5円
デザイン ・シンプルなデザイン
・キュートなサイズ感
・スエード調で高級感あり
素材 ポリエステルスエード
特長・機能 ・かなり小さいサイズ
・バッグなどに入れての持ち運びには便利
使い方 ・ジュエリー&アクセサリーポーチ
・常備薬入れ
おすすめ
業種・配布シーン
・ジュエリーやアクセサリー関連の業種におすすめ
・ショップの来店記念品や購入特典として
・イベント来場記念品として

「スクエアポーチS」のカラー展開はグレー・ブラック・ホワイトの3色。

商品を手にした時にまず思ったのは「思った以上に小さい!」です(笑)。
Sサイズポーチの中でも特に小さい部類のポーチだなと。
正直「こんな小さいポーチに何を入れられるんだろう?」とも一瞬思いました(汗)。

そんな「スクエアポーチS」ですが、実際に使ってみるとなかなかいいところもありまして。
それも含めて、ここから先のレビューで述べていきたいと思います!

「スクエアポーチS」のデザインについて

「スクエアポーチS」のデザインについて

「スクエアポーチS」は画像を見てのとおり、とてもシンプルなデザインのポーチです。

ポーチサイズが小さいからこそ、紐を絞った時のかわいらしさは格別ですね(笑)。
光沢のあるスエード調の生地には高級感があり、カラー展開もシックです。

名入れ印刷は1色、横45mm×縦15mmのサイズまで、シルク印刷または箔押しにて対応可能です。

ただスエード調生地で表面が毛羽立っているので、シルク印刷だと印刷の色が多少薄くなるのではないかと思いました。
名入れ印刷をしっかり目立たせたいなら、箔押しをおすすめします!

「スクエアポーチS」の素材について

「スクエアポーチS」の素材について

「スクエアポーチS」は、極細のポリエステル繊維を使ったポリエステルスエードでできています。

動物の革を使った天然スエードよりも軽い仕上がりで、お手入れも革製品より楽。
やわらかくしなやかな手触りと、スエード調ならではの高級感もポリエステルスエードの強みです。

「スクエアポーチS」の特長・機能について

続いては「スクエアポーチS」の特長や機能についてのレビューです。

具体的にどんなものが入る容量なのか、持ちやすさはどうなのか、折りたたみ収納はできるのかなどについてチェックしてみました!

容量はどれくらい?

「スクエアポーチS」は横70mm×縦90mm

「スクエアポーチS」は横70mm×縦90mmという、かなり小さいサイズのポーチ。

どのくらい小さいかというと「クレジットカードを入れることはできるものの、巾着の紐をしぼるのは無理」というぐらいに小さいです。

そのため、中に入れられるものはかなり小さな物に限られます。
たとえばジュエリーやアクセサリー、薬類、イヤホン、ハンコ、リップなどが最適でしょう。

容量的には少々不便かもしれませんが「生地がやわらかくてジュエリーやアクセサリーを傷つけることなく持ち運べそう」という点は、私にとっては大きな評価ポイントでした。

持ちやすさはどう?

「スクエアポーチS」は画像のとおり小さなポーチ

「スクエアポーチS」は画像のとおり小さなポーチ。

紐部分を手持ちして持ち運ぶことはもちろん可能です。
しかしこのサイズでは、財布やスマホなどは入らないし、単独で持ち歩くメリットはほとんどないでしょうね。

「バッグの中に入れて持ち運ぶ」という視点なら、小さくてかさばらないので持ち運びしやすいといえます。

折りたたんで収納できる?

「スクエアポーチS」は元から小さなポーチなので折りたたんで収納するメリットはありません。

マチ幅がないため厚みを感じさせませんし、折りたたみしなくても自宅での収納やバッグに入れての携帯で困ることはまずないでしょう。

個人的には、ポーチの紐部分にループエンド(紐の端に取りつける玉状のパーツ)がないのがいい、と思いました。
ループエンドがあるとデザイン的にはかわいく見えます。
ですが薄手のバッグにポーチを入れる時、あの玉があちこちに引っかかるように感じてしまうんです(汗)

そうした余分な装飾がないのは、このポーチのメリットだと思いました。

「スクエアポーチS」の使い方について

続いては「スクエアポーチS」の使い方やお手入れについてのレビューです。

おすすめの使い方や、お手入れはどうすればいいかについて紹介していきますね!

どんな使い方がおすすめ?

「スクエアポーチS」は、小さいサイズながらも「紐をキュッと絞めて結べば中のものが飛び出す心配はない」というメリットがあります。

そのメリットと、見た目の高級感を生かした使い方としては「ジュエリーやアクセサリーを入れる」というのが一番のおすすめです。

それ以外にも常備薬入れなど、ごく小さいものを入れるのに役立てるという手もありますよ。

お手入れの方法や注意点

「スクエアポーチS」の素材はポリエステルスエード。
ポリエステルスエードのお手入れ方法として洗濯は推奨されておらず、ドライクリーニングが推奨されています。

ですから「スクエアポーチS」もドライクリーニングなら安心なのですが、現実的には少し難しいですよね。

あくまで自己責任ですが、お手入れが必要な時はおしゃれ着用洗剤を使って、やさしく押し洗いすると傷みにくいと思います。

色落ちしやすいので他のものと一緒に洗うのは厳禁ですよ!

「スクエアポーチS」のおすすめ業種と配布シーンは?

「スクエアポーチS」は、ジュエリーやアクセサリーが好きな女性には使い勝手のいいポーチだと思います。
ジュエリーやアクセサリーを扱う業種におすすめです。

ジュエリーショップやアクセサリーショップの来店記念品や購入特典として配布してみてはいかがでしょう。

またジュエリーやアクセサリーに興味がある女性をターゲットとしたイベントで、来場記念品として配布するのもいいと思います!

スクエアポーチS

ご紹介した商品はこちら

スクエアポーチS

単価 115.5 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る