‌ポー‌チ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「‌ECO‌ ‌ク‌リ‌ア・‌ス‌ク‌エ‌ア‌ポー‌チ」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌ポー‌チ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「‌ECO‌ ‌ク‌リ‌ア・‌ス‌ク‌エ‌ア‌ポー‌チ」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

‌ポー‌チ‌ノ‌ベ‌ル‌ティ‌「‌ECO‌ ‌ク‌リ‌ア・‌ス‌ク‌エ‌ア‌ポー‌チ」‌を‌使っ‌た‌感‌想‌は?‌‌ ‌

ご紹介するノベルティはECO クリア・スクエアポーチ

ご紹介する商品はこちら

ECO クリア・スクエアポーチ

単価 161.7 円(税込)

今回ご紹介するのは、中身が見えるポーチ「ECO クリア・スクエアポーチ」です!
360℃すべてクリアで、ファスナーも白。
中身を見せることに特化したポーチです。

商品名の「ECO」は、ポーチの素材がEVAという環境にやさしい素材を使っていることに由来しています。
さりげなくSDGsへの意識の高さもアピールできるアイテムです。

軽くて薄いので扱いやすいうえ価格もお手頃なので、定番としてチェックしておくと何かと役立ちそう・・・。

それでは、「ECO クリア・スクエアポーチ」がどんなポーチでどんな風に使えるのか、詳しくご紹介していきましょう!

目次

ECO クリア・スクエアポーチってどんなポーチ?

「ECO クリア・スクエアポーチ」は、透明な素材でできた片手サイズのポーチです。
素材は環境にやさしいEVAを使っているので、SDGsに関連する企業様や、関心の高いお客様に最適でしょう。

概要を以下にまとめましたのでご覧ください。

ECO クリア・スクエアポーチの商品概要
単価(税込) 161.7円
デザイン ・中身が見える透明ポーチ
・長方形のシルエット
素材 EVA
特長・機能 ・一目で中身が確認できる
・片手サイズで使いやすい
・水に強い
・たたむと薄くコンパクト
使い方 ・洗面道具や化粧品入れに
・プールやスパなど水のあるシーンでの使用
・サンプルの配布用に
・イベント商品のパッケージに
・キット商品のパッケージに
おすすめ
業種・配布シーン
・食品・日用品・雑貨などの物販
・サンプルや商品のパッケージに
・スパやジムなど
・旅行関連業種
・オープン記念、入会特典、購入特典に

第一印象で気になったのは見た目よりも手触りでした。
一見ビニールのようですが、ほんの少し違うんですよね。
滑らかで弾力があります。

シンプルな本体には名入れ印刷が可能です。
一色のホットスタンプ、箔押し印刷に対応しています。
メタリックな光沢が特長のゴールドやシルバーを使った名入れもできるので、ぜひお試しいただきたいです。
シンプルなクリアポーチにキラリと光る箔押しのロゴ。
すっきり素敵なオリジナルポーチが仕上がりそうですよね。

ECO クリア・スクエアポーチのデザインについて

ECO クリア・スクエアポーチのデザインについて

デザインは商品名の通り「クリア」で「スクエア」です。
大きさとしては、ちょうど片手で持てるくらい。
標準的なサイズのポーチだと思います。
マチもしっかりあって、容量も標準的ではないでしょうか。

持ち手もポケットもないプレーンな長方形で、中に何が入っているか一目瞭然。
全周囲クリアなので、中に入れるものでいろいろ遊べそうです。
カラフルな台紙や布を入れたり、かわいい緩衝材を詰めたり・・・。
アイデア次第で楽しいパッケージングがかないそうで、ちょっとワクワクした気分になりました。

ECO クリア・スクエアポーチの素材について

ECO クリア・スクエアポーチの素材

素材はEVA(エチレン ビニール アセテート コポリマー=EVA樹脂)です。
EVA、ご存知でしょうか。
商品名の通り「ECO」な素材です。
焼却してもダイオキシンが発生しないことやリサイクルしやすいことから、環境にやさしい素材とされています。
水に強く、軽く、耐久性にも優れているのが特徴だそうです。

耐水性のあるクリア素材といえばPVC(ポリ塩化ビニール=塩ビ)を思い浮かべますが、冒頭でもお伝えした通り手触りが少し違う印象を受けました。
PVCよりも柔らかでなめらか、プルンとしたような弾力があります。

チェックのため折りたたんだ状態のポーチを開こうとしたら、折り目に沿って戻ろうとします。
形状記憶性が高いのでしょうか。
薄いのにしっかりした素材だと感じました。

ちなみにEVA自体は耐水性がありますが、ファスナーは防水ではありません。
水分量の多いものを入れるとファスナー部分から滲み出してくる恐れがありますのでご注意くださいね。

ECO クリア・スクエアポーチの特長・機能について

「ECO クリア・スクエアポーチ」のデザインと素材についてご紹介してきましたが、機能面はどうでしょう。
どんなものがどれくらい入るのか、持ちやすさや収納面などの使い勝手をチェックしていきます。

容量はどれくらい?

サイズはヨコ約145mm×タテ約95mm×マチ約60mm

サイズはヨコ約145mm×タテ約95mm×マチ約60mm。
厚手のハンドタオルがゆったり一枚入るくらいのサイズ感です。

ためしに洗面道具を入れてみました。
写真のようなシャンプー・リンス、スキンケア、歯磨き類がだいたい収まります。
ただ大人用サイズの歯ブラシや、大きなボトルの化粧水などは入りません。

持ちやすさはどう?

片手で持てる気軽なサイズ
プレーンそのものの形状

片手で持てる気軽なサイズです。
持ち手やポケットなどもなく、プレーンそのものの形状ですよね。
何にも引っかからず、邪魔にならないシンプルさ。

持ち歩いたり、バッグの底から引っ張り出したりするには少し不便かもしれません。

折りたたんで収納できる?

たたむと写真のようにペタンコにできます

たたむと写真のようにペタンコにできます。
折り目が白くなることがあるようなので、これ以上たたむのはオススメしません。
薄くて軽いので、収納に困ることはないでしょう。
棚やバッグの隙間など、どこにでも収納可能な扱いやすいノベルティポーチだと思います。

ECO クリア・スクエアポーチの使い方について

では、「ECO クリア・スクエアポーチ」が実際どんな風に使えるのかをご紹介していきましょう。
ポーチの「クリア」な特性上、もらう側か配る側かによって使い方はかなり違ってくると思います。
具体的にご紹介していきますね。

どんな使い方がおすすめ?

ECO クリア・スクエアポーチの使い方

受け取ったお客様とお渡しする業者様で、かなり使用方法は違うと思います。

まずは受け取ったお客様の立場から。
水濡れOKな側面を活かして、洗面道具や化粧品類を入れるのが王道でしょうか。
プールやスパなどで、濡れた小物を入れたり、濡らしたくないものを入れたりするのにも役立ちそうですね。
ただ完全防水ではないので、あまりびしょ濡れになる場所での使用や、機械類を入れるのはNGです。
また、中が丸見えなので、貴重品を入れて持ち歩くようなシーンには向かないでしょう。

次は店舗様の場合。
サンプルを詰めたり、商品のパッケージにしたり、「見せる」使い方がおすすめです。
商品のリーフレットを一緒に入れれば、外からもよく見えていいでしょう。
気の利いたデザインの台紙や布を一枚入れるだけでも、パッと華やいだ印象になると思います。

ちなみに写真はハート形の緩衝材を詰めたところです。
ここにお菓子や雑貨などを入れるだけで、たちまち素敵なパッケージに。
中身が見えるので、入れるものによって、印象が全く異なりますよね。
モノトーンで揃えてクールに、カラフルにまとめてポップに、ピンクのハートでとびきりキュートに・・・。
クリアなので中身そのものを見せられるのが、唯一にして最大の武器ですね!

クリスマス、ハロウィン、バレンタインデーなど、シーズンイベントの関連グッズを詰めてギフトパッケージを作るのも楽しそうです。
中身を見て商品を選べるので、お客様にも選ぶ楽しさを味わってもらえますよ。

カラフルなアイテムが詰められたポーチが並ぶ様子を想像すると、思わずワクワクしますね!

お手入れの方法や注意点

水に強い素材なので、汚れはふき取るか、サッと洗うとキレイになるでしょう。
濡れたまま放置したり、濡れたものを入れっぱなしにしたりしないよう気を付けたいところです。
カビやにおいの原因になるので、汚れはきれいに、濡れたら乾かす、を心掛けてくださいね。

ECO クリア・スクエアポーチのおすすめ業種と配布シーンは?

「ECO クリア・スクエアポーチ」は、ポーチに入るサイズの商品を扱う物販関連の業種様におすすめです。
食品、日用品、雑貨、化粧品などなど、このクリアなポーチにサンプルや商品を詰めてお客様にお渡しください。
季節のイベントや、オープン・周年キャンペーンなど、ちょっとスペシャルなシーンを盛り上げるアイテムになるはずです。

また、耐水性の素材を使用しているので、水に濡れるシーンのある業種様であれば、受け取ったお客様もより使いやすいでしょう。
スパやスポーツジムなどのオープン記念や入会特典にいかがでしょうか。

お泊りグッズが入るので旅行関連にもいいですね。
成約記念、購入記念などにオススメです。

魅力的なパッケージを作って、お客様にアピールしてくださいね。
ご利用の際は名入れ印刷のご検討もお忘れなく・・・。

ご紹介したノベルティはECO クリア・スクエアポーチ

ご紹介した商品はこちら

ECO クリア・スクエアポーチ

単価 161.7 円(税込)

この記事をシェア>>

トップへ戻る