失敗がないエコバッグ(素材別)の洗い方・清潔に保てる裏ワザ

失敗がないエコバッグ(素材別)の洗い方・清潔に保てる裏ワザ

2020年7月からレジ袋が有料化され、エコバッグはお買い物の必需品となりました。名入れ印刷(企業名やロゴなどの印刷)をしたオリジナルエコバッグは、ノベルティストアでも人気の商品です。

みなさんの中には「エコバッグのお手入れなんて意識したことがない」という方も多いのではないでしょうか。たしかにエコバッグはめったに洗濯するアイテムではありません。

しかし、日常的に使うエコバッグは意外と汚れやすく、こまめなお手入れが必要です。そこで、今回はエコバッグを清潔に保つ方法、素材ごとの適切な洗い方をご紹介します。

エコバッグはこまめなお手入れが必要

お買い物から帰って中の食品などを取り出したら、エコバッグをすぐにたたんで収納する方も多いでしょう。しかし一見きれいに見えるエコバッグも、食品から出た汁や汚れ、ゴミなどが生地に染みついていることが少なくありません。

汚れているのにも関わらず、すぐにたたんでしまうと、ニオイやカビ、菌やウイルスの繁殖をまねいてしまうので注意が必要です。次に利用する時、汚れたエコバッグに食品などの荷物を入れることになってしまいます。

エコバッグを使った後は、なるべく早めに汚れを取り除き、清潔な状態を保つことが大切です。エコバッグのお手入れ方法には、主に「拭き取る」「洗濯」の2種類があります。軽い汚れは拭き取りで、ひどい汚れ、全体的な汚れは洗濯で落とすようにするとよいでしょう。普段は拭き取るお手入れがおすすめです。

エコバッグの普段のお手入れ方法とは?

エコバッグの普段のお手入れ方法を、具体的に見ていきましょう。

① エコバッグを使った後は、内側やバッグの底を見て、ゴミ、汚れ、汁漏れなどがないかチェックします。

② エコバッグの内部のゴミは取り除き、濡れていたら布やペーパーで拭きます。表面や内部に汚れがあったら、拭き取り用のスプレー洗剤を布などに吹きつけて拭き取りをします。

③ その後はすぐたたまず、広げて乾かしてから収納すると、菌の増殖やカビの発生を防げます。普段ひと手間かけるだけでも、エコバッグを気持ちよく使えるようになります。

エコバッグには洗えるものと洗えないものがある

洗濯表示

エコバッグの汚れがとても気になる際には、手洗いまたは洗濯機で洗います。ただし、エコバッグには洗濯できるものと洗濯できないもの、不明なものがあるので、洗えるかどうかの判断が必要です。

まず、お手持ちのエコバッグに付いているタグを見て、「洗濯表示」や取り扱い上の注意をチェックしましょう。

家庭での洗濯が可能であれば、指示に従って洗濯ができます。しかし「家庭洗濯禁止」のマークがあるものや、「洗濯を避けてください」「水に濡らさないでください」と注意書きがあるバッグは洗濯できません。洗濯によって生地の傷みや型崩れが起こってしまい、洗濯前の状態に戻らなくなる可能性があるからです。このようなタイプのエコバッグは、拭き取りで汚れを落としていきましょう。

エコバッグにタグや表示がないケースはどうする?

タグや表示がなく洗濯できるか不明な場合は、素材やデザインによって判断します。

エコバッグには、ポリエステル・ナイロン、コットン、不織布などが主に素材として使われています。

薄手でさらさらした手触りのポリエステル・ナイロン製、薄手から厚手まで様々な種類があるコットン製なら洗濯をしても問題がないことがほとんどです。マスクと同じ素材で軽い不織布も洗濯自体は可能。不安な場合は洗濯を控え、拭き取りで汚れを落とすこともおすすめします。

また、内側がアルミ素材の保冷バッグ、濡れると色が落ちしやすいバッグは洗濯を避け、拭き取りで対応しましょう。

ポリエステル・ナイロン製エコバッグの洗い方

洗濯機

エコバッグに最も多いポリエステル・ナイロン製のエコバッグは、気をつければ洗濯機または手洗いで洗えることがほとんどです。

洗濯機で洗う場合

洗濯機で洗えるポリエステル・ナイロン製のエコバッグは、洗濯ネットに入れて洗います。ほかの洗濯物と一緒にして、普通の洗濯コースで洗ってもかまいません。ただし、薄くてしわになりやすいものは「デリケートコース」「おしゃれ着」コースなど弱水流で洗うのがおすすめです。

手洗いをする場合

ポリエステル・ナイロン製のエコバッグを手洗いする場合は、洗面ボウルなどに水を張って洗剤を溶かし、エコバッグを20~30回やさしく押し洗いします。きれいな水に張り替え、同じく押し洗いしながらすすぎ、洗濯機で脱水を1分以内かけてから干します。洗剤はおしゃれ着洗い、すすぎ1回OKの濃縮タイプがおすすめです。

エコバッグはしわを伸ばして形を整え、裏返しのまま干します。エコバッグの口を広げ洗濯ばさみで留めて干すと、風がよく通ってバッグの内側が乾きやすくなります。

コットン製エコバッグの洗い方

コットン製エコバッグは、ポリエステル・ナイロン製エコバッグと同様に洗濯できますが、色落ちしやすいものや洗濯表示に「家庭洗濯禁止」マークが付いているものは洗濯を避けます。

洗濯機に入れる際、エコバッグを裏返しておくと、表面のプリントや装飾が傷みません。また、脱水し過ぎるとしわや型崩れが起こりやすいので、脱水は短時間にとどめましょう。

コットンは漏れた汁が染みこみやすいので、通常の洗濯では汚れが残る可能性があります。汚れがひどい場合は、汚れを水ですすぐ、洗剤の原液をつけて歯ブラシでやさしくこする、などの前処理をしてから洗濯するとよいでしょう。

不織布製エコバッグの洗い方

不織布のエコバッグも同様に洗濯は可能ですが、洗濯機で洗うとシワや表面の毛羽立ちが起こって風合いが悪くなりやすいので、手洗いか拭き取りでの対応がおすすめです。

洗濯できないエコバッグ、保冷バッグのお手入れ法

洗濯できないエコバッグは、濡らして硬くしぼった布で、こまめに拭いて清潔に保ちます。

特に保冷バッグの内側のアルミ素材は、結露でカビが生えやすいのため、水気はこまめに拭きましょう。除菌ウェットティッシュで拭くのも手軽です。

それだけで落ちない汚れは、洗剤の原液を少量かけてたたいてから水で濡らした布でたたき、汚れと泡を取り除いていきます。汚れと泡がなくなるまで繰り返し、最後にペーパータオルなどで水分を吸い取って干します。

まとめ

今回はエコバッグを清潔に保つ方法、素材ごとの適切な洗い方を紹介しました。「そういえば手入れしたことなかったな」と思った方は、早速お手持ちのエコバッグの汚れ具合をチェックしてみてはいかがでしょうか。

エコバッグが清潔だと、使う時の気分もよくなります。お買い物のパートナーであるエコバッグを清潔に保って、より快適な日々をお過ごしください。ノベルティストアでも名入れエコバッグを販売していますので、ノベルティ向けのオリジナルエコバッグ商品一覧ページをぜひご覧ください。

この記事をシェア>>

                       

アーカイブ

検索

トップへ戻る