予算消化とは?予算消化のおすすめの方法や注意点などを解説!

予算消化とは?予算消化のおすすめの方法や注意点などを解説!

販促お役立ち情報
予算消化

予算消化をしなければならないが、どこに予算を使えばよいのか分からないという方は多いのではないでしょうか。

当記事では、おすすめの予算消化として効果的な4つの方法をご紹介します。
記事をお読みいただくことで、予算消化を行わなければならない理由やおすすめの予算消化の方法や効果をご確認いただけます。

予算消化の方法にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

予算消化とは?予算消化の必要性はどこにある?

予算消化とは、年度末(期末)までに前年度の予算を使い切ることを指します。
予算消化が必要と言われている理由は、予算を消化していない場合に来年度の予算を減らされることがあるためです。

予算消化を行う際に大切なことは、余っているお金を有意義に使うことです。
ビジネスにおける有意義なお金の使い方としては、「利益につながること」が一般的。
余った予算は会社の利益につながる使い方をするとよいでしょう。

以下では、予算消化でおすすめの方法をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの予算消化の方法4選

ここからは、予算消化でおすすめの方法を4つご紹介します。
具体的な方法なども取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

社員教育

1つ目の方法は、社員教育です。
予算を社員教育費として使うことで、社員のスキルアップや業務効率化につながり、会社の利益を高めることにつながります。

社員教育の方法は、下記のようなものがあります。

・研修(OFF-JT)
・eラーニング

「研修(OFF-JT)」は、現場から一度離れて、理論や知識を学ぶことを指します。
大人数に対して行うセミナーや外部メンターからの指導などがよくある研修(OFF-JT)です。

eラーニングはインターネットを使って学習することで、基本的に外部サービスを使うことが多いです。
また、eラーニングはインターネット上で行うので、リモートワークをしている場合にも社員教育として使えます。

オリジナルノベルティの制作

2つ目の方法は、オリジナルノベルティの制作です。

ノベルティとは、企業が商品やサービスの宣伝を目的として無料で配布するグッズのことです。
お得意様や新規来店者に配ることで、お客様との関係性を維持または構築できます。

関連記事:ノベルティとは?ノベルティの意味を分かりやすく解説!

一般的に新規のお客様を獲得するコストは、既存のお客様の3倍の費用がかかると言われています。
そのため、既存顧客との関係性を維持することは、長期的に利益を生むために欠かせません。
ノベルティストアでは、名入れ印刷(社名やロゴの印刷)に対応したオリジナルノベルティを制作しておりますので、関心をお持ちの方はぜひお問い合わせください。

関連記事:ノベルティグッズの制作実績

ポスター・チラシの刷り直し

3つ目の方法は、ポスター・チラシの刷り直しです。
ポスター・チラシを刷り直す目的は、DM(ダイレクトマーケティング)を行うためです。
特に地域性を活かした業界・業種に属されている方は、DM(ダイレクトマーケティング)をする機会が多いので、ポスターやチラシの刷り直しは効果的な手段でしょう。

名刺の作成

4つ目の方法は、名刺の作成です。

デジタル化が進んでいるとはいえ、名刺はビジネスの場でまだまだ活躍しています。
そのため、名刺が不足している場合は、名刺の作成に予算を使うことも良いでしょう。

名刺を作成する際は、既存のデザインのまま作成することも選択肢のひとつですが、デザインを刷新して作成することも良いでしょう。

予算消化でおすすめの方法はノベルティ制作

予算消化の方法をいくつかご紹介しましたが、中でもノベルティ制作はおすすめ!
ノベルティ制作をおすすめする理由は下記の2つです。

1)既存のお客様との関係を強化できること
2)認知度につながること

ノベルティグッズが優れている点は、既存のお客様との関係を強化できる点です。
たとえば、一般的にノベルティグッズが利用されるシーンは、展示会などの来場者特典・アパレル店や雑貨店でよくある購入者特典・年末年始の粗品など、お客様と関係性を強化しやすい場で使われます。
そのため、既存のお客様との関係性を強くしたい方にはおすすめの方法です。

またノベルティは、認知度を上げる手段でもあります。
特に、名入れ印刷がされた実用的なノベルティは、外出先やオフィスなどで使ってもらえ、第三者の目に入ることがあるため、新規のお客様にもアプローチが可能です。

以下では、予算消化でおすすめのノベルティをご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてください。

あると便利なノベルティ!モバイルバッテリーのおすすめ3選

まずおすすめのノベルティグッズは、モバイルバッテリーです。
「外出先でスマホの充電がなくなってしまった…」という経験をされた方は多いのではないでしょうか。
モバイルバッテリーは、スマホの充電が切れそうなときに活躍してくれる実用性があるグッズなので、喜ばれるノベルティになるでしょう。
また、モバイルバッテリーは外出先で使うことも多いので、第三者の目に入りやすく、販促効果やPR効果も期待できます。

モバイルバッテリー関連商品一覧を見る

SDGs関連グッズ!エコなノベルティのおすすめ3選


続いては、エコに関連したおすすめのノベルティをご紹介します。

近年、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みや製品開発が行われているように、エコに対する意識は高まっています。

環境問題に取り組んでいる企業様や環境への貢献を印象づけたい企業様は、ぜひ下記のエコノベルティをご検討ください。

関連記事:人気のエコグッズノベルティをカテゴリ別にご紹介!

定番ノベルティ!エコバッグノベルティグおすすめ3選


続いては、定番のノベルティであるエコバッグをご紹介します。

エコバッグが人気である理由は、実用性があり、名入れ印刷もできるグッズであるためです。
そのため、オリジナルノベルティを作成したい方には、おすすめです。

また、エコバッグは表側に名入れ印刷ができるものが多く、一般的に外出先で使われるグッズである点も、人気がある理由のひとつでしょう。
外出先で使ってもらえれば、第三者の目に留まるきっかけを作れるので、販促効果やPR効果にも期待できます。

エコバッグ商品一覧を見る

ビジネスで使える!高級なノベルティおすすめ3選


高級感がある、特別なノベルティをお渡しするのはいかがでしょうか?

ノベルティは安いイメージがあるかもしれません。
しかし、実際には高級感があるノベルティもあります。

ノベルティストアで人気がある高級ノベルティは下記のとおりです。
高級なグッズは、長く使ってもらえることが多いので、販促効果やPR効果にも期待できるでしょう。
下記の商品に関しては、名入れ印刷の対応も可能です。

高級ノベルティグッズ商品一覧

予算消化のときに注意点するべき点は納期!

予算消化で注意するべき点は、納期です。
納期を確かめずに進めてしまうと、来期の費用として計上される可能性があります。

たとえば、3月が期末で名入れエコバッグの注文日が3月12日、納期が4月12日だとしましょう。
注文日は期末前であるものの納期が来期になってしまい、予算消化にならない可能性があります。
そのため、予算消化を行う際には、注文日と納期を確認しながら、なるべく早く動くとよいでしょう。

まとめ

予算消化で大切なことは、会社の利益になるように予算を使うことです。
予算消化を行う際におすすめの方法は、社員教育・ノベルティの作成・ポスター・チラシの刷り直し・名刺の作成などです。
この中でも、今回は特にノベルティの作成をおすすめしました。

一見、ノベルティはただの配りものと見えてしまうかもしれません。
しかし、ノベルティには名入れ印刷ができ、長期的に使ってもらえれば、PR効果や販促効果につながるものです。
また、お客様との関係性を維持・強化する際に有効な手段なので、ぜひご検討ください。

アイテム選びやデザインでお悩みの場合は、ぜひノベルティストアにご相談ください。
アナタのニーズにピッタリのおもしろノベルティが作れるよう、ノベルティのプロがしっかりとご提案&アドバイスをいたします。
また、名入れオリジナルノベルティ商品一覧ページでもいろいろなノベルティグッズをご紹介しておりますで、ぜひご覧ください!

この記事をシェア>>

                       

アーカイブ

検索

トップへ戻る