ティッシュが2枚重ねの理由は?6W・8W・10Wの意味は?

ティッシュが2枚重ねの理由と6W・8W・10Wの意味を解説!

販促お役立ち情報
ティッシュを取る手

「ポケットティッシュやボックスティッシュってどうして2枚重ねなんだろう?」
「6W・8W・10Wの表記はどういう意味?」
こんな疑問をお持ちになったことはありませんか?

ノベルティストアでは、ノベルティや販促品としてオリジナルポケットティッシュやボックスティッシュの販売を行っております。
そのため、お客様にも上記のようなご質問をいただくことがしばしば。

そこで、当記事ではポケットティッシュとボックスティッシュについて、以下の点を解説します!

記事をお読みいただくことで、ポケットティッシュとボックスティッシュに関する疑問を解決できます。
特にノベルティや販促品としてのご利用を検討されている方は、覚えておかれると良いのではないでしょうか。

ポケットティッシュやボックスティッシュは下記ページで販売しておりますので、こちらも併せてご覧ください。

ポケットティッシュ・ボックスティッシュが2枚重ねの理由

ポケットティッシやボックスティッシュが2枚重ねである理由は、3つあります。
日本では、1960年代から各種ティッシュが販売されていたようですが、当時からほとんどのティッシュが2枚重ねだったそうです。

ポケットティッシュ

    強度と柔らかさがアップするから

    まず1つめの理由は、ティッシュの強度と柔らかさがアップするからです。
    2枚重ねにすると、1枚の紙でティッシュペーパーを作るより強度が上がるだけでなく、肌触りが柔らかくなります。

    海外だと、「ティッシュペーパー」は「紙ナフキン」のような素材で、繰り返し使うことが一般的です。
    一方、日本人の肌は欧米人に比べて弱いとされるため、鼻をかんだり口元をふいても肌が荒れないよう、ポケットティッシュやボックスティッシュは柔らかい方が好まれます。
    さらに強度も上がるため、日本のティッシュは2枚重ねなのです。

    肌触りが良くなるから

    ティッシュには表裏があり、表面はツルツル、裏面はザラザラした肌触りです。
    ティッシュが1枚だと裏面のザラザラが肌に触れるかもしれませんが、2枚重ねで裏面同士を重ねれば、肌に触れる面をツルツルの表面だけにできますよね。

    この点も、ティッシュが2枚重ねである理由です。

    吸水力がアップするから

    ティッシュの原料は、ユーカリやアカシアといった木です。
    ティッシュの断面は木の繊維が重なり合った状態ですが、繊維と繊維の間には水分をためることができます。

    さらにティッシュを2枚重ねにすると、ティッシュとティッシュの間にも水分がたまるため、吸水力がよりアップします。
    鼻をかんだり口元をふくティッシュにとって、吸水力は大切な機能。
    そのため、2枚重ねになっているのです。

    6W・8W・10Wの意味は?

    続いては、ポケットティッシュやボックスティッシュによく使われる6W・8W・10Wといった表記の意味をご説明します。

    Wの意味は「2枚重ね」

    まず、W(ダブル)は文字通り「2枚重ね」という意味です。
    当店に「Wの意味はホワイト」だと思っていたスタッフがいましたが(笑)、よくよく考えてみるとティッシュの色は白だけではありませんよね。
    赤・青・黄など、カラフルなティッシュも販売されていますので、ホワイトという意味ではありません。

    数字はティッシュの枚数を表している

    「W」の前につく数字は、ティッシュの枚数を表します。
    たとえば「6Wのポケットティッシュ」だと、「2枚重ねのティッシュが6枚入ったポケットティッシュ」という意味です。
    同様に、8Wなら2枚重ねの8枚入り、10Wなら2枚重ねの10枚入りという意味です。

    ポケットティッシュだけでなく、もちろんボックスティッシュでも同様です。

    まとめ

    当記事では、ポケットティッシュやボックスティッシュが2枚重ねである理由、6W・8W・10Wの意味を解説しました。

    ティッシュが2枚重ねである理由は、以下の3つです。

    • 強度と柔らかさがアップする
    • 肌触りが良くなる
    • 吸水力がアップする

    また、6W・8W・10Wの意味は、次の通りです。

    • 「W」(ダブル)は「2枚重ね」の意味
    • 数字は枚数を表す

    つまり、6Wだと2枚重ねのティッシュが6枚入っているという意味になります。
    普段何気なくティッシュを使うことって多いと思いますが、実はいろいろな工夫がされていたんですね。

この記事をシェア>>

                       

アーカイブ

検索

トップへ戻る